最新記事

小岩井 大輔
Daisuke Koiwai

1973年埼玉県生まれ。
二十歳の時に富士山に魅せられ、写真撮影をはじめる。独学で写真を学びながら、さまざまな風景・人に出会い、現在は富士山全般をテーマに活動。夏は富士山山頂の山小屋・扇屋に勤務。風景写真第一人者の竹内敏信・神吉猛に師事。96年、NHK写真コンクール「富士山」に21歳(最年少で入選)。白旗史朗賞ほか写真コンテスト入選多数。
<< 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2016.09.12










笠雲から脱出して
奇跡的に日の出&吊るし雲が拝めました!
飛ばされそうな風を受けて、富士山のパワーを頂きました。
下山も大荒れの山頂が嘘のように
8.5合目からは晴れて良いお天気に‼
レインウエアを脱ぎ
一気に下山…。
 
お陰さまで無事に17年目の山頂生活終えて下山致しました~!
 
3か月前は山頂に上がれるかどうか…?
本当に悩みました。
手術を施してくれた主治医からは
高山病で肺水腫になり呼吸器を付けた生活になると
言われていました。
でも、どうしても山頂へ行きたくて…
お世話になっている高所医学の先生へ相談しました。
術後3か月なので、体力的に厳しいから定期的に下山することを約束して、様々な検査を受けました。
心臓~肺~低酸素室活動~
全ての検査に合格することができ、山頂行きの切符を手に入れました。
 
扇屋ではいつものメンバーが迎えてくれて…
本当に感無量(泣)
 
今夏は台風がたくさん接近しましたが、
空や雲の変化は少く…
残念ながら、傑作写真はあまり撮れませんでした。
例年だったら…もうストレスで大変なことになって
ましたが、今夏は冷静な自分がいました。
登頂前からここ(山頂)に居れるだけで良いと思っていたからです。
 
振り返ってみると
今まで大きな病気や怪我もしたことがなく…
ここまで来てしまったので、健康に対する気持ちが薄かったのかも知れません。
 
癌かもしれない…と考えた時に、
まず、死を思い浮かべました。
私自身は今まで好き勝手に生きて来たので
悔いはありませんが…
家族の妻や息子に対して
なにもしてやれていないことに気がつきました。
独りよがりのフィルムなんて…
残してもどうしようもないですからね!
これからも健康第一で写真を撮らせてもらい、
家族との時間を大切に生きていきたいと思います。
 
今夏もブログを観覧頂きまして、
心から感謝申し上げます。
また、山頂でお声をかけて頂きまして、
物凄いパワーをもらいました。
来年も富士山頂上で生活して、
皆様をお迎え出来るように頑張って参ります。
 
今後共、よろしくお願いいたします!
本当に本当にありがとうございました。
 
※更新最終日は下記ブログ共通とさせて頂きます。
「ほぼ日刊 山頂日記」小岩井大輔ブログ・山と溪谷社http://www.yamakei-online.com/fujisan/diary.php
「フジヤマNAVI  小岩井大輔Blog@富士山山頂」富士急行http://www.fujiyama-navi.jp/blog/
Posted at 19:44 | カテゴリー:山頂
2016.09.11






早朝は笠雲に覆われて
ガス&風~
笠雲の隙間から見れる雲海がかっこ良かったです!
登山者さんがとっても多く大にぎわい!
 
夕方、まさかの晴れ…
風強く寒いけど綺麗な夕焼けに心癒されましたよ!
 
小屋閉め作業も順調に進み
とうとう下山で~す!
 
雨降らないで-!
Posted at 07:52 | カテゴリー:山頂
2016.09.10






お天気に恵まれて日の出も綺麗に拝めましたよ!
たくさんの登山者さんが登頂して山頂は大にぎわい!
 
気温もグッと下がりつららができましたよ~!
 
バタバタの中…
お陰さまで無事に山頂扇屋は本日営業終了致しました。
お越しいただきまして、感謝申し上げます。
明日から片付け作業頑張ります‼
Posted at 09:29 | カテゴリー:山頂
<< 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10