富士山域 | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

ついに登録!世界文化遺産 見て 知って 富士山に行こう

世界文化遺産登録「構成資産」とアクセス

1.冨士山域 ふじさんいき 山梨県・静岡県

富士山の世界文化遺産としての価値は、富士山が神聖で荘厳な景観をもとに「信仰の対象」と「芸術の源泉」になってきた点であると考えています。この富士山の価値にとって特に重要な地域(標高約1,500m以上)を資産範囲としています。その理由は有名な絵画に描かれた範囲が重なり合う部分にあたり、信仰の上では神聖性の境界のひとつであった「馬返」以上にあたるからです。この範囲の中には、浅間大神が鎮座するとされる八合目以上や、現在発行されている千円札等に採用された本栖湖からの景観が含まれています。

マウスで360度自由に動かせるパノラマ写真で構成資産を紹介

画面上のアイコンをクリックすれば全画面で表示されます。

※ パソコン以外の閲覧環境下では、パノラマコンテンツは正常な表示や動作がされない場合があります。

アクセス

※富士登山情報ページ「富士山に登ろう」をご参照ください。

富士山に登ろうを見る
イラストマップ

その他おすすめコンテンツ