冨士浅間神社(須走浅間神社) | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

ついに登録!世界文化遺産 見て 知って 富士山に行こう

世界文化遺産登録「構成資産」とアクセス

6.冨士浅間神社(須走浅間神社) ふじせんげんじんじゃ (すばしりせんげんじんじゃ) 静岡県 小山町

須走口登山道の起点となる神社で、富士講信者が多く立ち寄り、33回を一つの区切りとする登拝回数等の記念碑が約80基残されています。社伝によれば、807年に造営したと伝えられます。宝永噴火(1707年)では大きな被害を受けましたが、1718年に再建され、修理を重ねながら現在に至っています。

マウスで360度自由に動かせるパノラマ写真で構成資産を紹介

画面上のアイコンをクリックすれば全画面で表示されます。

※ パソコン以外の閲覧環境下では、パノラマコンテンツは正常な表示や動作がされない場合があります。

イラストマップ

アクセス

鉄道

JR御殿場線御殿場駅から富士急バス乗車。
「須走浅間神社入口」バス停下車。所要時間約25分。

バス問合せ先

富士急行御殿場営業所 TEL0550-82-1333

東富士五湖道路須走ICより約2分または東名高速道路御殿場ICより約20分


より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産を表示

その他おすすめコンテンツ