冨士御室浅間神社 | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

ついに登録!世界文化遺産 見て 知って 富士山に行こう

世界文化遺産登録「構成資産」とアクセス

8.冨士御室浅間神社 ふじおむろせんげんじんじゃ 山梨県 富士河口湖町

吉田口登山道二合目の地に9世紀の初めに建立されたという伝承があり、富士山中に最も早く祀られた神社であるとする文献もあります。本殿は1970年代に里宮の地にそのまま移設されましたが、修験や登拝といった様々な富士山信仰の拠点として位置づけられる二合目の本宮(もとみや)と、土地の産土神としての里宮が一体となって機能してきた神社です。

マウスで360度自由に動かせるパノラマ写真で構成資産を紹介

画面上のアイコンをクリックすれば全画面で表示されます。

※ パソコン以外の閲覧環境下では、パノラマコンテンツは正常な表示や動作がされない場合があります。

イラストマップ

アクセス

鉄道

富士急行線河口湖駅から西湖・青木ケ原周遊レトロバス乗車。
「冨士御室浅間神社」バス停下車。所要時間約15分。 

バス問合せ先

富士急山梨バス TEL0555-72-6877

中央自動車道河口湖IC/東富士五湖道富士吉田ICより約15分。


より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産を表示

その他おすすめコンテンツ