人穴冨士講遺跡 | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

ついに登録!世界文化遺産 見て 知って 富士山に行こう

世界文化遺産登録「構成資産」とアクセス

23.人穴富士講遺跡 ひとあなふじこういせき 静岡県 富士宮市

「浅間大菩薩(せんげんだいぼさつ)(富士山の神の名称の一つ)の御在所」と伝えられた風穴(溶岩洞穴)の人穴は、富士講の開祖とされる長谷川角行(はせがわかくぎょう)が16から17世紀に修行し、入定したと伝えられる聖地です。境内には、信者たちが建立した角行や先達等の供養碑や顕彰碑、登拝記念碑が約230基残されています。

マウスで360度自由に動かせるパノラマ写真で構成資産を紹介

画面上のアイコンをクリックすれば全画面で表示されます。

※ パソコン以外の閲覧環境下では、パノラマコンテンツは正常な表示や動作がされない場合があります。

イラストマップ

アクセス

鉄道

JR身延線富士宮駅からタクシー約40分

タクシー問合せ先

石川タクシー富士 TEL0544-24-2222

新東名高速道路新富士ICより西富士有料道路、国道139号線経由で約40分


より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産を表示

その他おすすめコンテンツ