北口本宮富士浅間大社 | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

ついに登録!世界文化遺産 見て 知って 富士山に行こう

世界文化遺産登録「構成資産」とアクセス

1-6.北口本宮冨士浅間神社 きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ 山梨県 富士吉田市

浅間大神(あさまのおおかみ)が祀られていた遙拝所を起源とし、1480年には「富士山」の鳥居が建立され、16世紀半ばには浅間神社の社殿が整っていました。富士講とのつながりが強く、1730年代に富士講の指導者である村上光清(むらかみこうせい)の寄進によって建造物群の修復工事が行われ、現在にみる境内の景観の礎が形成されました。

マウスで360度自由に動かせるパノラマ写真で構成資産を紹介

画面上のアイコンをクリックすれば全画面で表示されます。

※ パソコン以外の閲覧環境下では、パノラマコンテンツは正常な表示や動作がされない場合があります。

イラストマップ

アクセス

鉄道

富士急行線富士山駅より富士急バス乗車。「浅間神社前」バス停で下車。
所要時間約7分。

バス問合せ先

富士急山梨バス TEL0555-72-6877

中央自動車道河口湖IC/東富士五湖道富士吉田ICより約5分。


より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産を表示

その他おすすめコンテンツ