富士山が世界遺産になる理由 | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

サイトマップ

世界遺産としての富士山

世界文化遺産に認められた富士山

2013年6月、富士山は世界遺産に登録されました。当初、富士山は「自然遺産」への登録を目指しており、「文化遺産」登録までには約20年の歳月がかかったことになります。そしてようやく世界遺産登録に関わってきた機関や人々のすべての努力が報われました。
ところで富士山が「自然遺産」への登録ができなかった理由は、し尿やゴミ投棄などの環境保全の問題でした。当時の富士山といえば、し尿は垂れ流し、裾野にはゴミが放置されていたからです。今では山小屋のトイレが整備され、登山者自身のモラルも高まりました。裾野へのゴミの廃棄も見られません。どこから見ても美しい富士山になっています。
登山者の増加に伴いオーバーキャパシティーの問題も指摘されるようになりました。2014年度から山梨県と静岡県は富士山環境保全金を徴収し、富士山の環境保護や登山道の整備などに使われています。美しい富士山を後世に伝えるために、私たちも自分たちができる範囲での協力をしていきたいものです。

ページトップへ

富士山の普遍的価値

富士山はその美しい景観だけでなく、そこから多くの芸術を生み出し、また信仰の対象であるという特別な価値を持ち合わせています。
富士山の「文化遺産」としての価値とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。私たちが今まで特別に意識していなかった富士山の歴史や文化にも、ちょっと注目してみましょう。

名山としての景観

富士山の景観は言わずもがな美しく、日本を代表する名山のひとつです。円錐型の容姿はどこから見ても端整で、どっしりと裾野を広げる姿は私たちに安心感を与えてくれます。
特に富士五湖から眺める富士山は秀逸で、日本の紙幣の図柄として複数回使用されてきました。こうした理由で構成資産に含まれている富士五湖は、今後ますます世界中から注目されるスポットになりそうです。

信仰としての対象

噴火を繰り返してきた富士山は、古から「神が宿る山」として畏れられ、噴火を鎮めるために富士山の麓に浅間神社が建立されました。平安時代後期には富士山は日本古来の山岳信仰と密教などが習合した「修験道」の場となり、その後修行僧や修験者が修行のひとつとして富士山に登るようになりました。
鎌倉時代に現れた長谷川角行が富士山信仰を教義としてまとめ、その教えは弟子へと引き継がれます。これが江戸時代に栄えた「富士講」となり、多くの人々が富士登山を行うようになりました。

山開きのときに担がれる神輿(富士吉田市)

芸術の源泉

日本人は古来より富士山の荘厳で美しい容姿に魅了され続けています。最古の歌集「万葉集」でも富士山を詠んだ作品があり、その後「竹取物語」「古今和歌集」「伊勢物語」などの古典作品にも富士山が描かれています。
一方絵画では、江戸時代の浮世絵が有名です。葛飾北斎の「冨嶽三十六景」は日本人の心だけでなく海外の人々をも虜にし、多くの人に影響を与えました。
このように富士山は文学や絵画などの芸術を生み出す源泉として、偉大な価値を持っていると言えます。

ページトップへ

富士山の構成資産

富士山に関わる文化的な価値は、富士山の価値を構成する資産(構成資産)として現在まで受け継がれてきました。それらは富士山そのもののほかに、周囲にある神社、登山道、洞穴、樹型、湖などがあります。下のマップは、その構成資産の場所を示しています。(地図は「フジヤマNAVI」より)。構成資産をめぐる観光に関しては「フジヤマNAVI」でご案内しておりますので、そちらをご参照ください。
ここでは構成資産のひとつ、富士山そのものに関わるおすすめコースをご紹介。自分の足でしかたどり着けない、ちょっとハードな資産めぐりです。

富士山駅を出発し、北口本宮冨士浅間神社で参拝してから5合目まで歩く、自然と歴史の登山コース。

かつて修行のひとつとして行われていた「オハチ巡り」。現在まで残る遺跡をめぐって、山頂をぐるり一周。

顕著な普遍的価値を有する区域
資産の効果的な保全を目的として、資産の周辺に設定した区域
資産及び緩衝地域の外側に設定した、自主的な管理に勤める区域

小岩井大輔Blog

富士山に魅せられた写真家たち

おしえて、富士登山の疑問・質問

登山レポート

富士山を眺める山歩き

富士山の植物学

「フジヤマ登山 虎の巻」

「絆」フォトコンテスト

本ホームページ内の情報について

  • ※本ホームページ内の行動時間(歩行時間)等については、一般的な登山者(ビギナー)を想定していますが、各自の体力・経験、気象条件によっても大きく変わります。あくまでも目安と考えてください。尚、コースタイムには休息時間を含みません。
  • ※本ホームページ内の地図のルートについてはイラスト化した大まかなものです。実際の登山の時には国土地理院の25000分の1の地形図等をお持ち下さい。尚、時期によっては山小屋がまだオープンしていなかったり、閉店してしまっている場合もあります。地元の情報をご確認の上、登山して下さい。
  • ※登山ルート、及び登山口までのバスルートは自然災害等によって閉鎖されたりする場合もあります。必ず事前の情報をご確認下さい。
  • ※登山中に発生した事故、アクシデント等に対して、本ホームページは一切責任を負いかねます。登山は自己責任でお楽しみください。

ページトップへ