アウトドア特集 - pica | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

フジヤマNAVI

富士山 de CAMP! @PICA富士西湖

キャンプ初心者の私たちでも安心して楽しめると聞いて、レンタル用品が充実している「PICA富士西湖」に行ってきました!
すっかり都会の生活に慣れた子どもたちも、きれいなコテージに大喜び。食材や道具は事前に予約したほか、薪など必要なものは当日フロントで買うことができます。道具なしでも本格的なキャンプを楽しめるなんて夢みたい。

1日目

Fishing Time

10:00 ~ 12:00

西湖の水を使った池には、無数のニジマスがたくさん!
竿、えさ付きで1セット1,650円の釣り放題。
ただし5匹以上釣り上げた際は、1匹250円追加料金が発生する。
釣った魚はもちろん持ち帰りOK。
お持ち帰りセット(クーラーバック、保冷材、ビニール袋)は700円で用意してあるので安心だ。
受付時間は8:00~日没まで。

今日のおかずはパパの釣ったニジマス

子どもたちは場内の釣り堀で、釣りにトライ。レンタルの竿(\1,650)に餌のかまぼこをつけて、ニジマスがいっぱいいるところを目がけて投げ入れるけれど、釣り上げるのは意外と難しいのね。パパからコツを教わって、真剣な表情で釣りをする子どもたち。あ、また餌を食べられちゃった……。
「なかなか釣れないなぁ」なんてのんびり見ていたパパも、隣のファミリーがヒットしているのを見たら本気モードになっちゃって。「まったく釣れないんじゃ、パパのメンツが丸つぶれだ!」なんて思ってるんでしょ。
結局、釣り上げたのはパパが1匹、子どもたちが3匹。パパも子どもたちもよく頑張った!

Barbecue Time

17:00 ~ 19:00

400gのオージービーフに新鮮野菜がセットされた串焼きセット(3,600円)のほか、焚火で炙る厚切りベーコン(1,850円)など人気メニューがズラリ。
人数にあわせて肉の追加も可能。
目安は男性で150g~300g、女性で100g~200g。

炭火で炙ったご馳走にご満悦

「キャンプするならバーベキュー!」というパパと子どもたちの希望で、夕飯に「串焼きLidセット」(\3,600)を予約。食べやすい大きさにカットしたオージービーフを、ミニトマトやシシトウと一緒にSkewersと呼ばれるワイヤーの串に刺して行くだけ。
先が尖ってないから、子どもたちにもお手伝いを頼めました。
しかもワイヤーは網の形や火の強さに合わせて置けるから、キャンプ初心者の私たちにも扱いやすくて助かります。
昼間釣ったニジマスも、子どもたちがパパに教わりながら丁寧に処理をしてくれました。みんなで協力して作ったごはんは格別だね。

Starry Sky Viewing Time

20:00 ~ 21:00

簡易ベットのコット(600円)を使って、澄み渡る夜空に輝く星を眺めることで都会の喧騒を忘れられる。
ただし、西湖は山に囲まれた標高の高い立地なので、霧がかかってしまうと見れないこともあるので天気には要注意だ。

澄み渡る夜空に輝く一番星

西湖に面した広大なキャンプ場「PICA富士西湖」に来たら、夜の楽しみに加えてほしいのが星空鑑賞。周辺が木々で覆われ街の光が届かないので、晴れた夜には西湖のほとりで満天の星を楽しめちゃうのです。
折りたたみの簡易ベッド「コット」をレンタル(\600)して寝転べば、星たちが今にも降り注ぐよう。もちろんコットは、椅子としても座り心地バツグンです。ただ空を見上げているだけでも楽しいけれど、もっと星座の勉強をしてくればよかったかな。次回は星座表を忘れずに持ってこようね。

Bonfire Time

18:00 ~ 19:00

専用の焚火台(700円)を利用すれば安全に楽しむことができる。
薪も販売しているので、誰でも手軽に始めることが可能。
オレンジ色の炎に照らされたら、自然と笑みが浮かぶ。

優しい橙色の炎に包まれて

都会では経験できなくなってしまった焚き火。はじめはおっかなびっくり、ちょっと遠くから様子をうかがっていた子どもたちも、薪をくべることができるようになったら、火から離れなくなっちゃった。いつもだったらアニメに夢中になっている時間だけど、テレビのことも忘れているみたい。
焚き火を囲むと、自然とおしゃべりに花が咲くから不思議。まだまだ子どもだと思っていたのに、急に大人顔負けの発言が飛び出したり。あっという間に大人になっていくんだね。
「PICA富士西湖」は直火での焚き火は禁止だけれど、焚き火台(\700)をレンタルできるので、火事の心配もなく体験できました。
その上で燃やすことのできる焚き火台(\700)をレンタルできるのがありがたい。明日はこの焚き火台を利用して、ダッチオーブン料理に挑戦するゾ!

2日目

Canoe Time

8:30 ~ 10:00

初心者でも安心な、インストラクターによるコーチングありのカヌー。
早朝からやっているので、早起きしたらさっそくチャレンジしたい。
事前予約が必要で、1艇あたりの最大乗船人数は最大4名(うち1名は体重30kg以下に限る)。

1艇2名利用の場合 1人 3,400円
1艇3名利用の場合 1人 3,100円
1艇4名利用の場合 1人 2,900円

緑に囲まれた湖畔から漕ぎ出そう

せっかく西湖に来たんだから水遊びを楽しまなくちゃ!
というわけで、トライしたのがカナディアンカヌー。
90分の初心者向けのレッスンの他に、朝7:30からスタートする1時間の早朝カヌーツアーも初心者の参加OKだそう。朝ごはんの前にカヌー散歩なんて、ゼイタク体験を味わいました。
ライフジャケットをつけたら、陸の上でオールの持ち方、漕ぎ方を習っていざ出発!
インストラクターと一緒に湖の中央へ漕ぎ出します。早朝ならではの静かな湖面。スーッと進んでいくのがなんとも気持ちいい。
インストラクターの指示で振り返ってみると、富士山と、裾野に広がる青木ヶ原樹海がバッチリ見えました。雄大な景色に心が洗われるってこういうことを言うのね。清々しい朝のひとときでした。

Breakfast Time

7:00 ~ 8:30

新鮮な湖畔の空気を吸いながら、炭火で焼いたパンやソーセージの数々。
朝食セットには「ソーセージ1本、ベーコン2枚、生卵1個、パン2個」がついて1,000円。
調理用スキレットを使って目玉焼きやスクランブルエッグも作れるのでバラエティがとても豊かだ。

お腹がペコペコの朝でも大満足

「火のことなら俺に任せとけ!」っていうパパの頼もしい一言で、朝食作りもパパにお願いしちゃった。
朝食の食材セット「モーニングスキレット」(\1,000)は、ソーセージ1本、ベーコン2枚、生卵1個、パン2個と、大人でも十分なボリューム。しかも、本格手作りのソーセージは保存料無添加。新鮮なお肉と河口湖の富士山湧き水、本場ドイツのスパイスを使っているんだって。
セットに入っているスキレット(小型のフライパン)をよく熱して焼いていたら、香りに誘われた子どもたちが自然とお手伝いしてくれました。ソーセージは、パリッ、プリッ!
厚切りベーコンもジューシーでみんな大満足。ソーセージとベーコンはゲストハウスで売っていたから、お土産に買って帰ろうね。

Walking & Coffee Time

10:00 ~ 12:00

富士の樹海と溶岩の散策路には原生林が広がって、都会では味わうことのできないきれいな空気に溢れている。
大自然を満喫したら、気に入った場所で「大人のピクニックセット1,500円」を楽しみたい。
木々とコーヒーの香りをブレンドできるのは至高の贅沢だ。

お散歩後のtea Time!

お腹もいっぱいになったところで、木漏れ日が気持ちいいキャンプ場内をお散歩。ドッグランではワンコ連れの人たちが楽しんでいました。MTBを借りてMTB PARKを満喫するファミリーも。
私とパパは「富士山コーヒー 大人のピクニックセット」(\1,500)を借りて優雅なひとときを過ごすことに。
バーナーやフィルター、コーヒー豆など、コーヒーを淹れるのに必要な道具がひと通り揃っているから、手軽に本格的な味わいを楽しめます。
付属のピクニックシートを好きな場所で広げて、富士山型のシェラカップにコーヒーを注げば、慌ただしい毎日のことなんて忘却の彼方へ……。あーん、帰りたくないよー。

Lunch Time

12:00 ~ 14:00

鶏を丸ごと1羽、ダッチオーブンで仕上げる「スタッフドチキン 2,900円」は、味もボリュームも満足できる逸品だ。
じっくりと火を通した鶏の旨味が、詰め込まれたピラフに染み込んで、一度食べたらやみつきになること間違いない!

遊んだ後はチキンでお腹いっぱい!

「PICA富士西湖」のサイトを見て、「これ、食べたい!」と即決で予約したダッチオーブンで作るスタッフドチキン(\2,900)。
失敗しないか心配だったけれど、レシピがついているから大丈夫。下ごしらえがしてある鶏にピラフを詰めて、セットに入っているニンジン、タマネギ、ジャガイモと一緒にダッチオーブンで蒸し焼きに。
フタの上にも炭をのせて、待つこと1時間……。
鍋に厚みがあるダッチオーブンは、温度が均一に保たれるのだとか。
じっくりと火を通すことで旨味がギュッと濃縮されて、素材のおいしさがしっかり感じられます。お肉はジューシーだし、野菜もホックリ甘くできて、子どもたちも大満足だったね。
大自然からいろいろ教わった子どもたち。料理や片付けも楽しみながらやってくれて、ママうれしかったわ。また来ようね。