【特集】山中湖で人気の水陸両用バスに2号車新登場! | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

YAMANAKAKO NO KABA2号車デビュー!!

ドライブ&クルージングが楽しめると山中湖で人気の水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」に2号車が登場しました。パワーアップして、さらに楽しくなった水陸両用バスの魅力を大解剖!!

まるくてかわいい2号車をチェック

こだわりのデザイン
「水陸両用」バス1号車と2号車

フロント窓

2号車のこだわりのひとつが1枚のガラスでできた大きな窓。座席から横の窓だけでなく、正面にドーンと広々とした景色が楽しめる。1号車は4枚のガラスを斜めに配置したクルーザーのようなクールなデザイン。

KABAバス2号車
KABAバス1号車
2号車が山中湖に飛び込む時の水しぶき

せっかくなら、新型の2号車に乗って前方の席から景色を楽しみたい!!
山中湖に飛び込むときの、ざぶ~んっ!!と水しぶきが上がる様子は迫力満点。

KABA BUSのかお

2台のKABA BUSを外から眺めてみると、まるで男の子と女の子のような雰囲気の違いが感じられる。正面から見ても、横から見ても違いは一目瞭然。直線的な印象の1号車に比べて、船の頭のように張り出たボンネットとカバの目のように真ん丸のライトが2号車の特徴。

KABA BUS1号車と2号車の正面画像
KABAバス
「2号車」カバの目の様なライト 「1号車」カバの目の様なライト

リアウィンドウ(後ろの窓)

2号車に新たに加わったポイントが、車体の後ろについたおにぎりを逆さにしたような窓。座席同じカバ柄のシートに縁どられています。後方の席に座れば、この窓から船の軌跡(きせき)が見られる。さらに偶然が重なればカバのフレーム越しにカババスの1号車や白鳥とのコラボレーションも楽しめるかも!?

リアウィンドウ画像
リアウィンドウ画像

森の学者KABAさんが教えてくれる山中湖の伝説

森の学者KABAさん
山中湖の自然や歴史のお話をしながら山中湖を案内してくれる

ここで一つ質問です!!

山中湖の西側に2匹の大きな鯉のモニュメントがあるのですが、どうして山中湖畔に鯉のモニュメントがあるのでしょうか。

質問
鯉のモニュメント
正解はこちら

さらに、もう一問!!

山中湖の北側の森を「ママの森」と呼ぶのですが、なぜ「ママの森」と呼ぶのでしょうか。

こたえはKABAさんに聞いてみよう!

これから暑くなる季節、森と湖の爽やかな風を感じられる水陸両用バスが人気になること間違いなし。
子供だけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんも一緒に楽しめるKABA BUSに乗りに出かけてみよう。

KABAバス車内風景