【特集】水陸両用バスに乗ってみよう! | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

【特集】湖上も陸上も自由自在!最強の乗り物!?水陸両用バスに乗ってみよう!

世にも珍しい山中湖の新名所??

いよいよ暑さが厳しくなる中、家庭もオフィスも、エアコン温度が高めに設定されていて、今年はツライ夏になりそう。
そんな季節におすすめなのが、山梨県、富士北麓の山中湖。標高約1,000mのこの地には、夏休みになると涼を求めて多くの人が訪れる。
そして、ここ山中湖で今夏注目を集めているのが、日本ではまだ珍しい水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」。富士山を眺めながら水陸両用バスを体験できるのは、富士山に一番近い湖である山中湖ならではのお楽しみ。

まずは、「YAMANAKAKO NO KABA」の車体をチェック。

乗降にはタラップを使用 左下に見えるのは船用の舵 車内は開放感満点 浮き輪やロープの小道具がアクセントに これぞ船の証!「スクリュー」

いざ、陸上&水上クルーズへ出発!

車体(船体?)は、全長約12メートル、幅約2.5メートルで、34人乗り。見た目は前から見ると船のようにも見えますが、ボディは角ばったバスそのもの。後ろから見ると船になった時の動力となるスクリューが取り付けられており、ボディには大きなカバの絵が描かれた一風変わったデザイン。このバスのような船のような物体が、陸上からそのまま入水して湖上を走るというのだから、期待は膨らむばかり。では早速、乗り場へ!

まずはチケット売り場へ すでに予約で満席の便も 目覚まし時計を購入なかなか精巧。1300円で。 頼もしい感じの運転手さん さぁ、いよいよ湖へ スプラ~ッシュ!! とっても気持良さそうに泳ぐKABA さらに沖の方へ のっそのっそと陸に上がるKABA。なんだか可愛らしい。

家族みんなで楽しめる新アトラクション

山中湖畔の森の中をドライブしてウォーミングアップを終えた”KABA”はおもむろに砂浜へ。そして、一旦停車したかと思うと、次の瞬間、ガイドさんの掛け声とともに湖へスプラッシュ!。遊園地のウォーターアトラクションのような派手な水しぶきと乗客の歓声が上がり、湖上クルージングにいざ出航!

気持ち良いそよ風が吹く湖上を6.5ノット(時速約12km/h)でゆったり進む”KABA”からは富士山も顔を出し、まさに絶景のクルージング気分を満喫。ちょっとした船旅だけど、やはり船の上は気持ちいい~。森林を抜ける陸上から、砂浜の湖畔に出て、湖上へと進んでいくフィールドの変化と、楽しい演出で魅せてくれる運転手さん、ガイドさんのおかげで盛り上がること間違いなし。この夏、ぜひ皆さんも体験してみては?