【特集】「刺激と癒しのW効果!!リフレッシュするなら『富士サファリパーク』にキマリ | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

刺激と癒しのW効果!! リフレッシュするなら『富士サファリパーク』にキマリ

春を待ち焦がれていた2人が、癒しとパワーを求めて日帰り旅行を計画。以前から行きたいと思っていた『富士サファリパーク』をチェック。都心からも近いし、マイカーじゃなくても園内に入場できるので、2人で週末にサファリパークへ行ってきました。
動物の形をしたジャングルバス

サファリパークに到着してすぐ目に入ったのが、サイにトラ・ライオン・ゾウなどの形をしたジャングルバス!!2人はさっそくジャングルバスの前で記念撮影。ジャングルバスに乗ると、動物にエサをあげることができます。券売場で乗車チケットを買ってバスに乗りましょう♪

↙
乗務員さんからの説明

バスに乗ると、乗務員のお兄さんがエサのあげ方の説明と動物たちを紹介してくれます。最初のゲートが開くと、だんだん胸がドキドキ・・・・これから50分の探検が始まります。厳重なゲートをくぐったら、クマゾーンからスタート!

↘
アメリカグマ

3種いるクマのうち、アメリカグマはテディーベアやクマのプーさんのモデルになったクマです。お兄さんの合図に合わせて、クマたちにエサをあげます。
「近くで見るクマはぬいぐるみとは大違い!!」
「迫力満点すぎ~っ!!」
思わずキャーキャー言っちゃいます。

↙
高い木の上にいるメスライオンを見てビックリ!!

「見て!!あんなところにいるっ!!」
「ウソッ!?」
2人は高い木の上にいるメスライオンを見てビックリ!!メスは高い木に登って過ごすことが多く、オスは身体が重いので登れないという話を聞いて、2人は思わず大笑い。
ジャングルバスに乗ると動物たちの面白いマメ知識がたくさん聞けるのがポイント。気になる動物たちの冬季の過ごし方は、床暖房になっているエリアで過ごしているんだそうですよ。

↘
草食動物ゾーン

草食動物のゾーンからは、ゾウやキリンなどの癒し系の動物が出てきます。途中、強そうなアメリカバイソンも出てきますが、天敵の居ない環境ではのーんびり過ごしています。
「ヒツジやシカが草を食んだり、お昼寝したりしている姿を眺めたらあっという間に出口に到着~。」

↙
サファリレストランで食事

サファリレストラン

興奮したり癒されたり、刺激いっぱいのサファリゾーンが終わったら、急にお腹が減っちゃった♪2人はさっそく園内にあるレストラン「サファリレストラン」で食事をすることに決めました。

レストランのメニューはラーメンやハンバーグなどいろんな種類があるけれど、やっぱりこの『富士山カレー(¥900)』がボリュームいっぱいで美味しそう!!
さっそくいただきま~す♪

↘
ふれあいゾーンへ

どうぶつ村~ふれあいゾーン~

お腹がいっぱいになったら、次は「ふれあいゾーン」。ふれあいゾーンは、アルパカ、カピバラ、マーラ、ベネットワラビー、リスザルなどカワイイ動物がいっぱい。普段触れ合うことができない動物とコミュニケーションを取ることができます。ボーっとしていると、やんちゃな動物たちにお皿ごとエサを盗られちゃいますよ。

↙
癒し系動物として人気のカピバラとアルパカ

癒し系動物で大人気の、カピバラとアルパカに興味津々の2人。
「カピバラに触れるなんて驚き~っ!!」
「この子の顔、誰かに似てない??」
「部長じゃない?」
なんて会話をしながらエサやりを楽しみました。

↘

イヌ館・ネコ館・ウサギ館 (有料施設)

続いてはイヌやネコ、そしてウサギなど愛玩動物との触れ合いも体験!!フワフワな毛の手触りに、動物好きの2人はメロメロなご様子。初めて会った動物なのに、凄く懐いてくれて離れがたくなっちゃいます。

イヌ館

膝の上ですっかり寛ぐワンちゃんたち。
「可愛すぎて連れて帰りたくなっちゃう~♪」
お家でペットが飼えない人もここでなら思いっきりアニマルセラピーを体験することができます。

ウサギ館

さまざまな種類のウサギがいっぱいのウサギ館。重量級のウサギもいるけど、さすがにそれは抱っこできないので、赤目の白いウサギとグレーのウサギをリクエスト。

ネコ館

気まぐれな猫ちゃんがオシャレなお家で自由に過ごしているネコ館。天井にあるキャットウォークで歩く姿を見せてくれたり、お鍋に入って『猫鍋』を見せてくれたりサービスいっぱい。

↘
ふれあい牧場1

ふれあい牧場2

ふれあい牧場

ふれあい牧場では、ミニチュアホースやポニーに乗ることができ、サファリダービーやホースパレードなども開催。カンガルーの檻では、いきなりケンカが始まり、カンガルー界の関係性をじっくり観察できたりもします。その他にはテレビでしか見たことがないミーアキャットやアルマジロもこんな近くで見ることができます。

↙
サファリショップでおみやげ購入

サファリショップ

楽しい時間はあっという間に過ぎ、たくさんの動物と触れ合ってすっかり癒された2人も、そろそろ帰る時間に。おっと、2人とも、旅と言えば・・・大事なことを忘れていませんか?
「あっ、そうだお土産買わなくちゃ!!」
サファリショップではアフリカの民芸品やオリジナル商品などここでしか買えないグッズがいっぱい並んでいます。旅の記念にぜひサファリショップにもお立ち寄りくださいね☆

まとめ

閉園時間までたーっぷり遊んだ2人は、とても満足そう♪
帰りのバスの中で、今度来る時はナイトサファリやウォーキングサファリも体験しようよ!と、次に来る予定を話しあっていました。2人ともとってもサファリパークを気に入ったようですね!最後に、富士サファリパークを満喫した2人のおススメの動物を聞きました!!

トシエちゃんのおすすめ
ナナコちゃんのおすすめ

2人とも声を揃えて答えたのは1位の『リスザル』。指先のプニプニ感が、人間の赤ちゃんみたいだったのがお気に入りポイントです☆

富士サファリパークでは、春になると出産ラッシュを迎え、動物たちの赤ちゃんを見ることもできます。いつ行っても楽しいイベントが行われているので、女子会はもちろんファミリーやカップルのデートにもおススメ。

富士サファリパーク

住所: 〒410-1231 静岡県裾野市須山字藤原 2255-27
電話番号: 055-998-1315
URL: http://www.fujisafari.co.jp/
アクセス: 【車】
東京方面からのお客様は東名高速の裾野インターを、名古屋方面からのお客様は新東名高速の新富士インターをご利用いただくルートをおススメします。
【電車&バス】
御殿場駅、または富士駅から路線バスで「富士サファリパーク」まで乗車。御殿場からはサファリパークの入園料と路線バスの券がセットになった『路線バス・富士サファリパークセット券』を利用するとおトクです。料金は御殿場からの料金:大人¥3,100 中学生¥2,100 小学生¥1,600
お問い合わせ: 富士急行株式会社(御殿場営業所) TEL:0550-82-1333