フジヤマNAVIレポート 「富士登山の直前と直後の意識比較調査」 | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

フジヤマNAVI レポート

「富士登山者の声を、直前直後で比較調査」

なぜ人々は富士登山へ挑むのか!?富士山5合目で“登山直前”と“登山直後”の方へ行ったアンケート調査から、その疑問を紐解く!「富士登山の直前と直後の意識比較調査」を発表10人に1人が頂上まで辿りつけない厳しさながらも、登山直後は8割以上が“また登りたい”と回答!!

 “富士山エリアを完全ガイドするウェブサイト”「フジヤマNAVI」〔運営:富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎)〕は、人々が富士登山に魅了される理由を紐解くため、富士山5合目での「富士登山の直前と直後の意識比較調査」を行いました。

 富士山は、世界遺産登録後から2度目の登山シーズンを迎えています。夏季の富士登山者数は、毎年30万人前後ですが、小・中学校の夏休みが始まるこの時期から8月中旬までが、最も登山者で混み合います。また、直近の当社調査(2014年6月17日発表済み)では、“今後、富士登山をしたいと思う人の割合”が6割を超えるなど、多くの方が富士登山に高い関心を示していることが分かっています。

 ここで疑問となるのが、決して楽な道のりではなく、時には危険も伴う富士登山に、何故こんなにも惹かれるのか?ということです。そのヒントを探るためには、インターネット調査で富士登山の経験者に聞くことも方法の1つですが、それでは登山時の新鮮な感覚が結果に反映しない!ということで、富士山の5合目で、登山直前と登山直後の方へアンケート調査を実施。その結果、やはり富士登山には、心身ともに大変ながらも人を惹きつける魅力があること、その魅力の内容などが分かりました。

主な調査結果トピックス

調査結果トピックス

◆調査名:
富士登山の直前と直後の意識比較調査
◆調査対象者:
(1)富士登山を行う直前の方、264名
(2)富士登山を行った直後の方、192名
◆調査場所:
富士山の山梨県側5合目にある施設「富士急雲上閣」(運営:富士急行)
◆調査方法:
(1) 富士登山を行う直前の方:「富士急雲上閣」周辺にて対面記述式アンケート調査。
(2) 富士登山を行った直後の方:上記(1)の回答者に、アンケート用紙を渡しておき、登山後に「富士急雲上閣」にて回収。基本的に対面記述式で対応し、夜間のみ回収箱を使用。
◆調査期間:
2014年7月11日(金)~7月13日(日)

関連コンテンツ

【特集】ついに登録!世界文化遺産 見て知って 富士山に行こう 世界文化遺産登録「構成資産」とアクセス