富士急ハイランドスケート | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

フジヤマNAVI

遊園地の中だから大人も子供も楽しさ2倍!夢のような屋外アイススケートリンクに行ってきました

「アイススケートだけじゃない!遊園地、絶景富士山も丸ごと楽しめる」華やかなフィギアスケートが、世間では話題になっています。輝かしく氷の上を駆け抜ける姿は、本当に格好いいですね。スケートは、小さなお子様でも、シニアの方でも、年齢、性別に関係なく、誰にでも気軽に始められるウィンタースポーツ。スケートを始める最初の第一歩として遊園地の中にあるスケートリンクなら、自信がなくてチャレンジできなかった人も、なんとなく恥ずかしいと思っていた人も、アトラクションの一つとしてトライしやすいのです。

さっそく、滑りに行ってみました

遊園地に行くだけで、気分はワクワク!しかも富士急ハイランドでは、園内中央に広大なアイススケートリンクが突如現れるので驚きです。しかも、リンクの背景には壮大な富士山!この絶景屋外アイススケートリンク場の名前は「クリスタルラグーンリンク」。富士急ハイランドには、その他にも計3つのスケートリンクがあって、アイススケートのレベルに合わせた運営を行っているのだそうです。初心者には「クリスタルラグーンリンク」がぴったり。まずは受付でスケート靴のレンタルを。

動きやすい格好さえしていけば、手ぶらでOK!

受付ではスタッフが丁寧に一人一人のサイズに合ったスケート靴を、優しくアドバイスしてくれます。スケート靴以外にも、ヘルメット、手袋、靴下、補助具など何でも手に入るので、事前準備がなくても立ち寄れる、このお気軽感は何度も通いたくなりますね♪

「二枚刃スケート靴」をチョイスするのが達人への近道!

気持ちでは滑れる!と思っていても、いざ氷の上に立つとなるとバランスがうまくとれなかったり、滑る感覚がつかめなかったり、転んでしまう怖さで十分にスケートが楽しめません。だからこそ、最初の滑りは「二枚刃スケート靴」が大活躍!このスケート靴のおかげで、氷の上でもバランス感覚を保って立つことができました。ある程度の時間、歩いたり、滑ったりして、氷の上に慣れてきたら、一枚刃スケート靴に無料で交換してくれるので、これは使わない手はありません。この「二枚刃スケート靴」は、富士急ハイランドが独自開発したもので、デザインもスニーカー風でおしゃれ!

キラキラ輝く銀盤のスケートリンクに不安が吹き飛び、心が躍ります

アイススケートリンクの近くまで来ると、リンクの上で気持ち良さそう〜に滑る人たちの姿が今までの不安を吹き飛ばしてくれます。地元の小学生たちも授業の一環でアイススケートレッスンを受けているようです。子供達もしっかり氷の上で立っていて、これは、負けてはいられません。でも、二枚刃スケート靴のおかげで、初めてのアイススケートとは思えない順調な滑りになりました。

疲れたら、フードコートでひと休み

屋外アイススケートリンク「クリスタルラグーンリンク」のすぐ脇には、富士急ハイランドのフードコートがあります。動いた後は、お腹が空いて、喉も渇くのでとっても便利。しかも、フードコートの一角はスケート靴のまま入れるスケート用休憩所があり、滑っている最中でも立ち寄れる嬉しいサービス。

オリンピック選手にゆかりのあるアイススケートリンク

さらに上級者の方には、スピードスケートの公式大会も行われるリンク「コニファーフォレスト」。別名「SEIKO OVAL」と呼ばれ、1992年冬季オリンピックのスピードスケート銅メダリスト橋本聖子さんの名前が冠についています。実は、橋本聖子さんは現役時代、富士急行株式会社の社員だったのです。そしてもう一つ、富士急ハイランドには屋内アイススケートリンク「シアターリンク」があって、ここは貸切限定のリンクとなっています。

  • 「クリスタルラグーンリンク」開催期間:2015年10月24日(土)~2016年3月27日(日)
  • 「コニファーフォレスト」開催期間:2015年12月1日(火)~2016年2月29日(月)
  • 「シアターリンク」開催期間:2015年12月5日(土)~2016年3月21日(日)

アイススケートの後は、イルミネーションと絶叫マシン!

遊園地の中ならでは!富士急ハイランドの絶叫マシンに乗って、寒い冬でも体はポカポカ。しかも、夜のアイススケートリンクは約5万5000球のライトのイルミネーションで彩られます。休日の過ごし方としては、楽しさ倍増で大満足です!