4.富士山に初めてシュプールを描いたのは軍人だった | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

ついに登録!世界文化遺産 見て 知って 富士山に行こう

意外と知らない富士山20の豆知識

富士山に初めてシュプールを描いたのは軍人だった

 美しい富士山の山肌で豪快にシュプールを描きたいというのは、スキー愛好者ならば当然かもしれないが、このスキーが日本で初めておこなわれたのも、実は富士山だった。

 ただ、それは残念ながら日本人ではない。オーストリアの軍人、テオドール・エドラー・フォン・レルヒとエゴン・フォン・クラッセルだ。

 レルヒは、「日本スキーの父」と知られているが、彼はなにもスキーの伝道者として来日をしたわけではない。当時、無敵艦隊をもっていたロシア帝国を敗った日本、その強さの秘密を解き明かそうという軍事視察のためだ。

 しかし、そんな目的を忘れてしまうほどの衝撃を受けた。富士山だ。

横浜沖の海上から眺めた富士山が忘れられず、1910年12月27日、友人クラッセルと登山。どうにか頂上近くまでは行けたが、積雪と時間の問題で、ギブアップした。

 そこで、普通ならば下山ということになるが、ここでレルヒはスキーで滑降したのである。当時の日本では、「登山」という概念もなかったので冬山に登るということもなかったうえ、見たこともない板で、滑ってくる彼らの姿は、当時の日本人にはかなりのカルチャーショックだったのではないだろうか。今でも、五合目にはこの日本初のスキーを記念した碑が立っている。

 ちなみに、富士山山頂からのスキー滑降を成し遂げた第1号は日本人。1935年、筧弘毅と勝田甫という2人の学生である。雪のコンディションがよく、気象条件に恵まれ、不浄沢から太郎坊まで一気に滑降した、と記録に残っている。




その他おすすめコンテンツ

路線バスでめぐる世界遺産