村山浅間神社 | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

ついに登録!世界文化遺産 見て 知って 富士山に行こう

世界文化遺産登録「構成資産」とアクセス

4.村山浅間神社 むらやませんげんじんじゃ 静岡県 富士宮市

平安時代末期に富士山の噴火が沈静化すると末代上人(まつだいしょうにん)など山中で修行する人々が現れました。これが発展し、鎌倉時代の終わりには富士山における修験道が成立します。この中心となったのが村山浅間神社(興法寺(こうほうじ)とも呼ばれました。)です。江戸時代末までここの修験者たちが大宮・村山口登山道を管理しました。

マウスで360度自由に動かせるパノラマ写真で構成資産を紹介

画面上のアイコンをクリックすれば全画面で表示されます。

※ パソコン以外の閲覧環境下では、パノラマコンテンツは正常な表示や動作がされない場合があります。

イラストマップ

アクセス

鉄道

JR身延線富士宮駅からタクシー約25分

タクシー問合せ先

石川タクシー富士 TEL0544-24-2224

新東名高速道路新富士ICより西富士道路経由で約30分


より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産を表示

その他おすすめコンテンツ