【特集】富士山の春の花めぐり - 春の花を楽しむモデルコース | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

フジヤマNAVI

富士山の春の花めぐり 富士山の春を感じることのできるモデルコースを紹介します!

春と言ったらやはり、美しい花!週末のお出かけはどこに行こう、と迷ったら、花を見に出かけませんか?1日休みがあったら少し足を伸ばして、清々しい空気の中に出かけましょう。雄大な富士山を望む場所には、花を楽しめるスポットがたくさんあります。東京近郊から日帰りで行ける、1日たっぷり楽しめるモデルコースをご紹介します!電車やバスなどの公共交通機関を使っての移動もおすすめですよ。

  1. 1 富士芝桜まつり
  2. 2 新倉山浅間公園
  3. 3 忍野しのびの里
  4. 4 山中湖花の都公園
  5. 5 天空のチューリップ祭り
  1. 1 富士芝桜まつり
  2. 2 新倉山浅間公園
  3. 3 忍野しのびの里
  4. 4 山中湖花の都公園
  5. 5 天空のチューリップ祭り

1.富士芝桜まつり

せっかくの休みの日、ゆっくり寝ておきたいと思ってしまう人も多いはず。ですが早起きすれば、とっておきの絶景があなたを待っています。眠い目をこすりながら富士山へ出発!まず第一の目的地は、富士本栖湖リゾートにて4月16日(土)~5月29日(日)(予定)の期間で開催される「富士芝桜まつり」です。
車の場合は中央自動車道河口湖IC、または東名高速道路富士IC、新東名高速道路新富士ICなどが最寄りのインターです。
電車、バスの場合はまずは富士急行線河口湖駅を目指します。河口湖駅までは鉄道のほか、新宿、渋谷、横浜、大宮など関東の各駅から直通バスも運行されています。富士芝桜まつりの時期には河口湖駅から「芝桜ライナー」が運行されているので、こちらの利用がおすすめ。路線バスだと約50分かかるところ、芝桜ライナーは直行なので30分で到着!富士芝桜まつりの会場までまっすぐ到着します。芝桜ライナーの乗車券は往復1,900円で、バス代と富士芝桜まつりの入場券が含まれます。

2.新倉山浅間公園

新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)は、新倉山の中腹にある公園です。絶景ポイントまでは397段の階段があります。日頃の体力が試される時間です!?階段を登り切った場所からは富士山が真正面に見え、眼下には富士吉田市の市街地が広がります。園内には五重塔のような「忠霊塔」があります。
新倉山浅間公園は、市民から愛されるお花見スポットでもあります。富士山と桜と五重塔のコラボレーションを楽しめて、絵画のような景色を満喫できます。
駅から歩いて、階段を登って、体力をかなり使った人はここで休憩。下吉田市にはカフェ「下吉田倶楽部」が併設されています。看板メニューのハニートーストは絶品!疲れた体に甘いもの補給で大満足です。

3.忍野しのびの里

次なる目的地は、2015年10月にオープンした忍者テーマビレッジ、忍野しのびの里。新倉山浅間公園からは車で20分ほど。電車・バス利用の場合は下吉田駅から2駅8分の富士山駅まで行き、そこからバスに乗車して18分、「忍野しのびの里」バス停下車すぐです。
忍野しのびの里の情緒あふれる日本庭園では、桜やツツジなど春の花を満喫できます。足湯もあるので、のんびり足湯に浸かりながら花見を楽しむこともできます。
ちょうどお昼時なので、園内の食事処でランチはいかがでしょうか。食事処では地元の素材を活かした和食がいただけます。富士山や庭園を眺めながら食事できます。富士山の春を見るだけではなく、食べて楽しめる時間です。


  • ※イメージ

4.山中湖 花の都公園

1日の締めくくりは、忍野しのびの里から車で15分、バスでも15分と近い山中湖 花の都公園。30万平方メートルと広大な敷地をもつ公園です。園内には四季折々にさまざまな花が咲き乱れています。春の時期にはチューリップがちょうど見頃。ほかにも園内の「フローラルドームふらら」内では、熱帯の花やハーブなどが栽培され、珍しい花を楽しむことができます。「スケールアウトガーデン」には、巨大な花や昆虫がいる中をアリの目線となって、花畑を散策できます。
富士山の絶景と花を楽しむ1日のプランはここで終了。バスを使って移動する人には、高速バスとフリー乗車券がセットになったお得な乗車券「富士五湖エンジョイ!きっぷ(4,350円)」や、富士五湖エリアのフリー乗車券「富士山・富士五湖パスポート(大人2,550円)」などがおすすめです。

5.天空のチューリップ祭り(ゆうえんち ぐりんぱ)

富士山の南側、2合目の場所にある「ゆうえんち ぐりんぱ」。ここでは「天空のチューリップ祭り」が4月16日(土)~5月29日(日)(予定)の期間で開催されます。
広大な敷地は「天空の花畑」と呼ばれ、ここに色とりどりのチューリップが色ごとに植えられています。その数なんと21万本!富士山を間近に見る高原で、雄大なここにしかない景色をじっくりと堪能できます。
富士山は日本のシンボルではありますが、チューリップの花畑の中に立ってその姿を見ていると、なんだか海外の高原に来たような気分になってきます。とてもフォトジェニックな花畑なので、ぜひカメラを持ってたくさん写真を撮影しましょう。
ゆうえんち ぐりんぱへのアクセスは、車利用なら東名高速道路裾野ICからが最も近く、ICから約20分です。御殿場IC利用の場合はICから30分です。電車・バス利用の場合は、御殿場駅、三島駅、富士駅からの往復バスとぐりんぱワンデークーポンがセットになったお得な切符の利用をおすすめします。