【特集】富士山の春の花めぐり - 富士芝桜まつりを満喫する5つのポイント | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

フジヤマNAVI

富士山の春の花めぐり 富士山の春を感じることのできるモデルコースを紹介します!

富士芝桜まつりを楽しむ
5つのポイント

鮮やかな色のコントラストが美しい、富士山を彩る花の祭典。
今年は4月16日〜5月29日まで開催され、首都圏最大級約80万株の芝桜が富士山麓の広大な敷地に咲き誇る。
思う存分楽しむために5つのポイントを紹介します!

会場ライブカメラはこちら

動画枠内をクリックすると、今日の会場の様子が動画をお楽しみいただけます。

※ 動画の撮影時間は、06:00~17:30となっております。

1.朝いちばんに到着!絶景を独り占めしよう

朝早起きしてこの時間にやってきたのは、朝一番の時間帯がもっとも富士山と芝桜を美しく見られる時間帯だから。富士芝桜まつりの開場は朝8時なので、開場と同時に園内に入っておきたいところです。早朝の時間帯は空気が澄み切って、富士山がとても美しく見えます。人も少なく、人物が入らない美しい景色を写真におさめられるかもしれません。
視界いっぱいに広がるのは、さまざまなピンクのグラデーションで彩られた花のじゅうたん。芝桜の中にも様々な種類があるので、その色の違いが地面をパッチワークのように塗り分けているのです。少し雪をかぶってどっしりとした姿を見せる富士山と、鮮やかなピンクの芝桜のコントラストが美しく、思わずシャッターを何度も切りたくなってしまいます。

2.まったり過ごせる展望足湯・展望カフェに立ち寄ろう

富士芝桜まつりの会場は広く、芝桜が美しく見える場所を求めてついつい歩きまわってしまいます。ちょっと一息ついて、まったりと過ごせるスポットに立ち寄ってみましょう。「展望足湯」は毎年恒例で行われていて、常に人気のスポット。足湯で足元から暖まりながら、芝桜と富士山のコラボレーションを満喫できます。「展望」足湯というだけあってビュースポットになっているので、景色の素晴らしさは折り紙つきです。

3.うまいものフェスタで地元グルメを堪能

富士芝桜まつりの期間中、会場内では毎日「富士山うまいものフェスタ」が開催されています。出店しているのは、富士山エリアのローカルフード。やっぱり地元グルメは地元で食べるからこそ美味しい!さまざまなお店があるので、ついつい目移りしてしまいます。

会場では芝桜にちなんだお土産も販売中。
富士山エリアのお土産「フジヤマクッキー」が芝桜の色になった限定バージョンなど、思わず買って帰りたくなる商品が並びます。

4.自慢の写真を撮ろう!おすすめ撮影スポットをチェック

会場内には芝桜が咲き誇り、どこにいても美しい、素晴らしい景色を楽しめます。せっかく絶景を見に来たのだから、「すごい!」と言われるような素敵な写真を撮りたくありませんか?園内の3か所に、特に美しい景色を撮影できる「おすすめ撮影スポット」が用意されています。ここから撮影すれば、美しい富士山と芝桜のアングルや、池の向こうに芝桜のじゅうたんが広がる様子など、富士芝桜まつりならでは、ここでしか撮れない写真を撮影できます。

5.写真をSNSで共有しよう!便利なWi-Fiスポット

会場内の売店付近にはWi-Fiエリアも設置されています。
撮った写真をSNSなどにアップするときに、電波がなくてアップできない!という心配もありません。リアルタイムで写真を共有しましょう。
富士山エリアの情報サイト「フジヤマNAVI」では、みなさんがSNSでリアルタイムにアップした富士山の春の花の写真を紹介するウェブページを提供しています。色とりどりの春の花でサイトを色づけしてみませんか!?撮った写真をどんどんSNSで発信してみよう!

フジヤマNAVIオリジナル360°パノラマ写真

富士芝桜祭り会場からの展望を360度自由に動かせるパノラマ写真でご紹介しています。
※ご利用の端末によって正しく表示されない事があります。

(撮影日 2015年 5月11日)