冨士山本宮浅間大社 | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

ついに登録!世界文化遺産 見て 知って 富士山に行こう

世界文化遺産登録「構成資産」とアクセス

2.富士山本宮浅間大社 ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ 静岡県 富士宮市

富士山を浅間大神として祀ったことを起源とする神社が浅間神社であり、富士山本宮浅間大社はその総本宮です。社伝によれば、山宮から現在地に遷座されました。平安時代から信仰を集め、特に徳川家康の保護を受けて現在の社殿が造営されました。また、家康の寄進をきっかけに富士山八合目以上を御神体として管理しています。境内には富士山の湧水である「湧玉池」があり、かつては道者がここで登山前の水垢離(みずごり)を行いました。

マウスで360度自由に動かせるパノラマ写真で構成資産を紹介

画面上のアイコンをクリックすれば全画面で表示されます。

※ パソコン以外の閲覧環境下では、パノラマコンテンツは正常な表示や動作がされない場合があります。

イラストマップ

アクセス

鉄道

JR身延線富士宮駅から徒歩約10分

新東名高速道路新富士ICより西富士道路経由で約15分


より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産を表示

その他おすすめコンテンツ