富士吉田市

北口本宮冨士浅間神社 〜 富士山世界遺産 構成資産

Image
浅間大神(あさまのおおかみ)が祀られていた遙拝所を起源とし、1480年には「富士山」の鳥居が建立され、16世紀半ばには浅間神社の社殿が整っていました。富士講とのつながりが強く、1730年代に富士講の指導者である村上光清(むらかみこうせい)の寄進によって建造物群の修復工事が行われ、現在にみる境内の景観の礎が形成されました。
C35e4b6b c735 4751 91a0 15b4de489f9c

A4e2cf50 8dde 44a9 b759 9cbae225d994

北口本宮冨士浅間神社と周辺の富士山世界遺産 構成資産


より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産を表示

Pickup

このスポットに関連する記事を読んでみませんか?

このスポットに似ているスポット

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Populars

富士吉田市の人気記事

富士吉田市の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
富士吉田市の他の記事をみる
世界遺産の他の記事をみる