裾野市

須山浅間神社 〜 富士山世界遺産 構成資産

Image
須山口登山道の起点となったのが須山浅間神社です。1707年の宝永噴火により社殿は、登山道も含め大きな被害を受け、現在の本殿は1823年に再建されました。神社は、社伝では日本武尊が創建したとされ、1524年には存在していたことが棟札により確認できます。

須山浅間神社


より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産を表示

Pickup

このスポットに関連する記事を読んでみませんか?

このスポットに似ているスポット

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Populars

裾野市の人気記事

裾野市の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
裾野市の他の記事をみる
世界遺産の他の記事をみる