富士宮市の車・ドライブ

富士山スカイライン | 料金や規制、道路情報等をご紹介

126976 view
7e05d32e 943a 4d98 8fa8 574f069333ff
富士山麓を走る富士山スカイラインに関する道路情報やアクセス、料金、通行時期など役立つ情報をご紹介。さらに、ドライブやヒルクライム情報についても併せてお伝えします!

富士山へ続く道路「富士山スカイライン」

F6d986ee 37e8 483e ad59 465125e70199

昭和45年建設された富士山スカイラインは、富士宮ルートの登山口のひとつであり、
玄関口としても賑わう静岡・富士宮口五合目にアクセスする自動車道です。
この自動車道を通って、マイカー(一般車両)で通行可能です。


マイカーで行ける日本最高所 

富士山スカイラインを通って、一般車両で、富士山5合目である標高約2,400mまで運転することができます。この標高2,400mは、日本で最高到達点として知られ、多くの富士登山者や旅行で訪れるドライブコースとしても非常に親しまれています。


日本の道百選の1つにも選出されている

国が選出した「道の日」(8月10日)の制定を記念して、日本の特色ある優れた道路に対して選ばれる日本道百選の一つにも選出されています。スカイラインの頂上から雲海を見るならこの道が一番です。


富士スカイラインに入るルートは2つある

富士山スカイラインに入るにあたり、ルートは富士宮市方面から入る方法と、御殿場市方面から入る方法の2通りがあります。どちらからも二合目の分岐まで向かうことができますが、アクセスのしやすい方面を利用するのが良いでしょう。



富士宮市方面側の道路は、国道139号線から5合目まで距離30km、二合目分岐まで比較的平坦で走りやすい道です。



御殿場市方面も、国道246号線から5合目まで距離30km。急カーブも少なく、こちらも比較的走りやすい道となっています。


富士スカイラインと富士スバルラインはどちらがおすすめ?

富士山にドライブに行く際は、富士山スカイラインと富士スバルライン、そして須走ルートへの登山口に通じる富士あざみラインの3つが存在します。それぞれ目的に合わせてどちらで行くか自由に決めることができますが、今回は名前の似たスカイラインとスバルライン以下の違いを参照しながら、選択してみてください。


お店が多く、賑わっているのは富士スバルライン

富士スバルラインは道路が広くて運転しやすく、実は富士山の登山する人の7割がこちらのスバルラインを利用します。人が多いのに加えて、レストランや土産物屋でとても賑わっています展望は富士五湖が見られます。天候によっては影富士が見れることも有ります


富士山スカイラインは無料、富士スバルラインは有料

富士山スカイラインは元々有料道路だったというお話をしましたが、現在は無料で解放されています。一方スバルラインでは、通行料として2,000円掛かります。


富士スカイラインは24時間利用可能

富士山スカイラインは通行規制期間を除いて、24時間通行可能となっています。一方富士スバルラインは7月〜8月は有料道路区間は24時間走行可能ですが、それ以外の日程ですと、例えば11月だと9:00~17:00という、日中の期間しか走行できないことになっています。


富士山スカイラインの特徴・魅力

E8ecf85f a48b 4146 8e67 8ad470f53477

ドライブコースとしてもおすすめの富士山スカイラインですが、訪れてみると、スカイラインを通して富士山の魅力を再発見できるかもしれません。富士山スカイラインの特徴や魅力についてお伝えします。


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Weathers

富士宮市エリアの天気

09/19
200
くもり
28℃ / 22℃
降水確率 40%

Populars

富士宮市の人気記事

富士宮市の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
富士宮市の他の記事をみる
車・ドライブの他の記事をみる