富士吉田市の車・ドライブ

富士山スカイライン | 料金や規制、道路情報等をご紹介

104 view
7e05d32e 943a 4d98 8fa8 574f069333ff
富士山麓を走る富士山スカイラインに関する道路情報やアクセス、料金、通行時期など役立つ情報をご紹介。さらに、ドライブやヒルクライム情報についても併せてお伝えします!

富士山へ続く道路「富士山スカイライン」

F6d986ee 37e8 483e ad59 465125e70199

昭和45年建設された富士山スカイラインは、富士宮ルートの登山口のひとつであり、
玄関口としても賑わう静岡・富士宮口五合目にアクセスする自動車道です。
この自動車道を通って、マイカー(一般車両)で通行可能です。


マイカーで行ける日本最高所 

富士山スカイラインを通って、一般車両で、富士山5合目である標高約2,400mまで運転することができます。この標高2,400mは、日本で最高到達点として知られ、多くの富士登山者や旅行で訪れるドライブコースとしても非常に親しまれています。


日本の道百選の1つにも選出されている

国が選出した「道の日」(8月10日)の制定を記念して、日本の特色ある優れた道路に対して選ばれる日本道百選の一つにも選出されています。スカイラインの頂上からみる雲海を見るならこの道が一番です。


富士スカイラインに入るルートは2つある

富士山スカイラインに入るにあたり、ルートは富士宮市方面から入る方法と、御殿場市方面から入る方法の2通りがあります。どちらからも二合目の分岐まで向かうことができますが、アクセスのしやすい方面を利用するのが良いでしょう。



富士宮市方面側の道路は、国道139号線から5合目まで距離30km、二合目分岐まで比較的平坦で走りやすい道です。



御殿場市方面も、国道246号線から5合目まで距離30km。急カーブも少なく、こちらも比較的走りやすい道となっています。


富士スカイラインと富士スバルラインはどちらがおすすめ?

富士山にドライブに行く際は、富士山スカイラインと富士スバルライン、そして須走ルートへの登山口に通じる富士あざみラインの3つが存在します。それぞれ目的に合わせてどちらで行くか自由に決めることができますが、今回は名前の似たスカイラインとスバルライン以下の違いを参照しながら、選択してみてください。


お店が多く、賑わっているのは富士スバルライン

富士スバルラインは道路が広くて運転しやすく、実は富士山の登山する人の7割がこちらのスバルラインを利用します。人が多いのに加えて、レストランや土産物屋でとても賑わっています展望は富士五湖が見られます。天候によっては影富士が見れることも有ります


富士山スカイラインは無料、富士スバルラインは有料

富士山スカイラインは元々有料道路だったというお話をしましたが、現在は無料で解放されています。一方スバルラインでは、通行料として2,000円掛かります。


富士スカイラインは24時間利用可能

富士山スカイラインは通行規制期間を除いて、24時間通行可能となっています。一方富士スバルラインは7月〜8月は有料道路区間は24時間走行可能ですが、それ以外の日程ですと、例えば11月だと9:00~17:00という、日中の期間しか走行できないことになっています。


富士山スカイラインの特徴・魅力

E8ecf85f a48b 4146 8e67 8ad470f53477

ドライブコースとしてもおすすめの富士山スカイラインですが、訪れてみると、スカイラインを通して富士山の魅力を再発見できるかもしれません。富士山スカイラインの特徴や魅力についてお伝えします。


1. 「周遊区間」と「登山区間」の2つに分かれる

富士山スカイラインの道は、大きく分けて2つの区間があります。
一つは御殿場市と富士宮市を結ぶ「周遊区間」と呼ばれる道路です。
そしてもう一つは富士山二合目から五合目(新五合目)を結ぶ「登山区間」と呼ばれる区間です。


2. 秋には紅葉が美しい

富士山スカイラインは、標高1,000~1,500mのベースルートと、1,500~2,400m(五合目まで)の登山ルートに分かれています。標高差があり、紅葉が色づくタイミングがベースルートと五合目までの区間でずれるため、比較的長い期間紅葉を鑑賞することができます。


紅葉の基本情報

■スポット名:富士山富士宮口五合目、富士山スカイライン
■紅葉開始時期: 9月下旬
■紅葉見頃:10月上旬~10月下旬
■紅葉する木の種類:カラマツ、ウルシ、カエデ、イタドリ、ナナカマド
■おすすめの紅葉スポット:水ヶ塚公園


3. ヒルクライムでも有名な富士スカイライン

476e7f51 07e7 4fe6 96be 69671d7353c4

皆さんはロードバイクはお持ちでしょうか?自転車に乗る方なら、峠を攻める「ヒルクライム」を自転車で富士登山する選択肢もあります。


ヒルクライムとは登坂競技のこと

ヒルクライムは、登坂競技のことで、主にロードバイクを用いる自転車競技を指します。山や丘陵を自転車で登り、あらかじめ決められたコースを走るタイムレースです。


富士山5合目までの舗装路の難易度では、スカイラインが中級者向け

X.富士ヒルクライムというヒルクライムの大会でお馴染みのコースです。難易度は低めですので、初心者の方はまずこちらのコースから挑戦しましょう。



富士あざみラインと富士スカイラインの難易度は中級者向けとなっています。ただし、ふじあざみラインは、起点から5合目まで、標高差1,160mを約11.2kmの距離で上り、平均勾配は約10.4%で、最大勾配は20%を超えるといわれています。トレーニングを積んだ方でないと厳しいコースとなっていますので、富士スカイラインの道はまさに中級者におすすめのコースです。


4合目〜5合目に近づくにつれて、霧で視界も悪くなるので注意

閉鎖される冬の期間以外で、5月や10月にヒルクライムに挑む際は、防寒対策や安全運転を心がけましょう。3合目、5合目に差し掛かる時に、天候によりますが、濃霧になる場合もありますので、視界が悪くなり、運転がしづらいこともしばしば。走行には十分注意するようにしましょう。


富士スカイラインの通行規制情報

4c4fbd3b 5efb 460b 84f2 6b3cfed7820d

富士山スカイライン(スバルライン、ふじあざみライン含む)では、夏期の登山シーズンに登山客や観光客が集中し、五合目駐車場付近の渋滞が発生します。



このため、渋滞を緩和して、富士山への来訪者の安全と快適性の確保、富士山の自然環境を保全するために、毎年マイカー規制を実施しています。マイカーとは自家用車のことで、規制機関は富士山の登山期間である7月上旬~9月上旬にかけて、マイカー規制が行われます。マイカー規制の期間は、自家用車、レンタカー問わず利用出来なくなりますので、注意してください。



他にも特定のイベントが開催される日程や、冬の季節も通行規制がかかりますので、確認してから行くようにしましょう。


通行可能期間

富士スカイラインを通行できる期間は以下の通りになります。それ以外の期間は、マイカー規制及び冬季禁止期間となりますので、通行は一部制限されます。



■通行可能時期:5月〜11月まで


夏のマイカー規制

富士宮ルートの登山口である富士宮口五合目への道路である富士山スカイラインは、毎年夏期の一定期間は通行規制しています。


■規制区間:富士山スカイライン(料金所跡~富士宮口五合目)
■規制期間:2017年7月10日(月)9時~2017年9月10日(日)18時 連続63日間(2017年の情報)


冬期の通行規制

富士山スカイラインは標高が高く、10~11月ごろから翌年4月にかけて雪や外気による路面凍結などが起こり得ます。



周遊区間は冬期閉鎖されることはありませんが、2合目の登山区間入口〜富士宮口5合目までの区間は例年11月〜翌年4月末まで、冬期は閉鎖されます。なお、規制がどの時点から開始されるかはその時期の路面の状況により決定するので、閉鎖の時期は毎年異なります。


■規制区間:富士山スカイライン(登山区間入り口~富士宮口五合目)
■規制期間:例年11月中旬~下旬に冬期閉鎖となります。
     (平成29年の冬期閉鎖は4月28日に解除されました。)


イベントによる通行規制

ロードバイクや富士山で行われる各種イベントについて、一部中止される場合もあります。
規制区間や日程はまちまちのため、注意が必要です。
富士山のイベント規制は、富士山を管理する観光課など問い合わせてご確認ください。



■問い合わせ先:
(マイカー規制)0545-65-1331
(富士宮市観光課)0544-22-1155
(静岡県道路企画課)054-221-3014


富士山スカイラインと富士山周辺で立ち寄りたい観光スポット

D376381e 294f 4852 b9be 805c6b2243d8

ここからは、富士山スカイラインにドライブで出向いた際に、立ち寄っておくべきスポットをご紹介していきます。


1. 水ヶ塚公園・富士山の景勝地

富士スカイラインの中間地点にある水ヶ塚公園。標高1500メートルの富士スカイラインの中間にある水ヶ塚公園には最近できた森の駅富士山があり店内では登山グッズなど販売されています。冬場に行くと駐車場横がソリコースになっています。それなりの斜面で、小さなお子様から中学生まで楽しめます。夏場は夜がオススメです。星が綺麗に見られます。


富士山を堪能できる場所

目の前が富士山を堪能できる場所で、9月のころから10月頭には雪のない富士山がよく見えます。寄り道休憩などに向いてる場所です。是非ドライブの休憩に行ってみてはいかがでしょうか。


公園内にあるスカイポート水ヶ塚

御殿場市側から来ると、二合目分岐の少し手前にある駐車場と食堂兼売店のある公園です。30分ほどで散策できる標高1,496mの場所に展望台があり、富士山や宝永山、宝永火口を間近に眺められます。



駐車場は、普段は無料で停めることが可能ですが、マイカー規制期間中は一部有料になります。


基本情報

■所在地:〒410-1231 静岡県 裾野市 須山2308-5
■駐車場:あり
■大型バス駐車場:なし、普通車450台分
■ペット同伴
■トイレ設備
■Free Wi-Fi:なし



【スカイポート水ヶ塚】
■営業時間:
(4~10月) 8:30~17:00
(11月~翌3月) 9:00~16:30
■休み:不定休


2. 二合目分岐 旧料金所跡:1,455m

御殿場市側、富士宮市側両方から来る際に、周遊区間からこの地点で登山区間へ道が出てきます。
富士山スカイラインは登山区間含めて無料ですので、登山区間にいきたい方は、こちらから向かいます。


3. 富士山五合目(富士宮ルート)

富士山スカイラインの終点である富士宮口五合目は、富士宮ルートの登山口となっています。
宝永山へ登ることも可能で、ハイキングにもおすすめ。
駐車場やタクシー乗り場、宿泊可能の施設、売店や食堂、観光案内所も併設されています。



五合目までは、バスでも向かうことができ、夏は水ヶ塚公園からの登山バスをはじめ、三島駅、新富士駅、富士宮駅などからもバスも用意されています。


4. 富士山(富士登山)

富士山五合目まできて、夏の期間であれば富士登山をするのが良いでしょう。毎年多くの登山客が富士山を訪れ、ご来光を拝むために登山をします。


2013年に世界遺産に登録された

富士山は、静岡県と、山梨県に跨る活火山で、標高3776.12 mです。日本最高峰の独立峰で、その優美な風貌は日本国外でも日本の象徴として広く知られています。富士山と周辺の湖,神社などは,2013年「富士山:信仰の対象と芸術の源泉」として世界遺産の文化遺産に登録されたのも情報として新しいですね。


5. 富士山本宮浅間大社

富士山を浅間大神として祀った経緯があるこちらの浅間神社。富士山本宮浅間大社はその総本宮とさrています。社伝によると、山宮から現在地に遷座され、平安時代から信仰を集め、特に徳川家康の保護を受けて現在の社殿が造営されたそうです。



また、家康の寄進を契機に、富士山の8合目以上を御神体として管理しています。境内には富士山の湧水である「湧玉池」があり、かつては道者がここで登山前の水垢離を行いました。


基本情報

■所在地:静岡県富士宮市宮町1-1
■電話:0544-27-2002
■営業日:不明
■定休日不明
■営業時間:開門時間(11月~2月)午前6時~午後7時(通常)/開門時間(3月・10月)午前5時30分~午後7時30分(通常)/開門時間(4月~9月)午前5時~午後8時(通常)/祈祷受付午前8時30分~午後4時30分(神楽は午後4時まで)
■駐車場:不明
■料金:不明
■アクセス:(電車)富士宮駅から徒歩で10分


6. 白糸の滝

国の天然記念物、さらに国の名勝ともされている「白糸の滝」は、高さはおよそ20m、幅200mの湾曲している絶壁から、数百に及ぶ滝が流れています。



流れ落ちる様子も非常に趣があり、美しいです。日本の滝百選の一つにも選出されています。


基本情報

■名称:白糸の滝 (シライトノタキ)
■所在地:静岡県富士宮市上井出・原
■電話:0544-27-5240
■営業日:不明
■定休日:不明
■営業時間:8:30~17:00
■駐車場:有料:200台(一回普通車500円 バス1000円 バイク200円)
■アクセス:
(バス)JR富士宮駅からバスで30分(路線バス白糸の滝行き「白糸の滝」下車徒歩5分)
(車)新富士IC(新東名)から車で40分


いかがでしたか?今回は富士山スカイラインをご紹介しましたが、富士山へ向かう道は他にもありますので、みなさんお目的や用途に合わせてご利用ください。


富士山スカイライン基本情報

■所在地:〒418-0047 静岡県富士宮市
■電話:0544-22-1155(富士宮市観光課)
■料金:無料
■駐車場:有り
■登山ルート:富士宮口ルート
■交通規制:
(夏期)7月〜9月 ※マイカー規制により通行禁止
(冬期)11月中旬~4月の登山区間は通行禁止。開通期間中は通行自由
■アクセス:
(車)東名富士ICよりR139経由、山梨方面へ1時間
(電車)JR東海道本線三島駅、またはJR東海道新幹線新富士駅・東海道線富士駅・身延線富士宮駅から登山バスを利用。または、JR静岡駅より高速バスを利用(夏季のみ)。


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

冬の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Populars

富士吉田市の人気記事

富士吉田市の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
富士吉田市の他の記事をみる
車・ドライブの他の記事をみる