富士吉田市の富士登山初心者

【富士登山初心者向け】富士山の登るために必要な知識や持ち物など丁寧に解説

684 view
E4ba5b0c 0f8c 4063 b5fa ceae184c1cfc
富士山に登る人は毎年数多くいますが、まず最初に何をすれば良いか、どういうことを調べて準備すれば良いかわからない方向けに、富士登山に必要な知識や持ち物など、一から丁寧に解説します。

1. 富士登山の魅力とは?

43be5b98 e47e 409b 9e10 b76c0159a7ec

2013年6月、富士山は世界遺産に登録されました。当初、富士山は「自然遺産」への登録を目指しており、「文化遺産」登録までには約20年の歳月を要しました。様々な方々の協力と努力によって世界遺産に認定された富士山に登るということは大変貴重な経験であり、世界的に有名になり、世界中で多くのファンをもつ富士山は、その雄大さ、自然、景観、全ての体験が貴重なものとなるでしょう。


パワースポットとしても魅力的な富士山
020ace45 5c1f 4d18 8816 95efd147e517

最近は、富士山が持つエネルギーを体感できる富士登山を、パワースポットとして訪れる人が増えています。その人気は国内外にも及びます。夏の2ヶ月間だけで、毎年およそ30万人もの人が富士山に登っているのです。間違いなく富士山には、地球のエネルギーがあふれています。ぜひともこの夏には、富士山のエネルギーを全身で味わってみましょう。


2. どのルートから登るのがおすすめ?

Fefafb01 b4b7 42d3 9cfe 5743b58350bd

富士山頂を目指す登山道には、主に4つのルートがあります。



一番北側が「吉田ルート」、そこから時計回りに「須走ルート」「御殿場ルート」、一番南が「富士宮ルート」になっています。この4つのルートは全て富士山の東側に集中していますが、登山口までの交通・アクセスはそれぞれ異なります。開山日も山梨県側と静岡県側で違うことがあり、事前の確認が必要となります。



また、登山口から山頂までの距離や標高差、山小屋の数などにも違いがあり、コースによっては経験者向き、初心者向きと区別されます。まずは、それぞれのコースの特長を把握し、自分と仲間の体力や経験に応じてどのルートを登るのがいいのかを検討してみましょう。


①吉田ルート
Ba890e01 2a9c 4a9c 9f5a 9d33999e12c3

4つのルートの中でもっとも人気がある「吉田ルート」。毎年一番多くの登山者が登っています。初めて富士山に挑戦する人におすすめです。


②須走ルート
15fbf1d2 2984 434d 9b83 2acc33ac8e66

高山植物や樹木など自然豊かな「須走ルート」。途中で吉田ルートに合流します。


③御殿場ルート
80ab15ea e98d 4a0d a7e2 d384a331d49f

富士山頂までの4つの登山道の中で、標高差・距離ともに長く、経験者向きと言えるのが、御殿場ルート。長いコースなので山小屋に一泊するのがオススメ。


④富士宮ルート
5e7a84cf 3fad 4d40 972b 82620e8bdf87

山頂までの距離が最も短い「富士宮ルート」。登り・下りが同じ登山道です。4つのルートのなかで一番距離が短く、標高差の少ない最短ルートで、吉田ルートの次に人気があるコースです。しかも登りと下りが同じ登山道を歩くため、ピーク時には大変混雑します。


⑤山頂の噴火口を一周する「お鉢めぐり」
59518a93 9fc8 48d8 bd4a 3e71a7bcb993

山頂に着くまでだけではなく、山頂から噴火口をぐるりと一周するコースもあります。信仰遺跡群をめぐる「お鉢めぐり」です。


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

春の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Populars

富士吉田市の人気記事

富士吉田市の人気スポット

Search

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
富士吉田市の他の記事をみる
富士登山初心者の他の記事をみる