富士山の魅力

富士山を知ろう|富士山の歴史

201 view
770f9a6b 9310 4560 8ab2 4fb8a74a0751
富士山には毎年多くの登山者が訪れます。富士山には、面白い神話・民話・言い伝えなどがたくさんあり、とても魅力的な霊山です。

古から富士山は文学や芸術、信仰の対象として人々に崇められてきました。人はなぜ、富士山に登るのでしょうか。


富士山の伝承

富士山はスケールの大きさと美しい姿から、あまたの伝承・神話・民話が生まれました。



富士山と八ヶ岳、富士山と白山、富士山と愛鷹山背比べなど、富士山にまつわる神話は有名です。これは人間が「霊山は神々しくて高くあってほしい」という憧れから来ているのではないでしょうか。



また、かぐや姫が残した不死の仙薬を焼いた話や、秦の始皇帝が不老不死の薬を求め富士山に家来を派遣した話など、「ふじ=不死」にまつわる話も有名です。


3a1101d5 5789 40cf 9a50 a23f77e59614

富士山の初登攀?

修験道の祖・役小角(えんのおづぬ)が伊豆の島から夜に海の上を走ってやってきて富士山に登り、朝には戻っていったという話がありますが、聖徳太子が甲斐の黒馬に乗り、空を飛んで駆け上がったという話もあります。
しかし神話の世界では、もっと前にコノハナサクヤヒメという女神が登ったというお話もあります。また、明治の時代になると、髙山たつという若い女性が男装をして富士山に登ったという記録もあり、富士山の歴史はとてもおもしろい話でいっぱいです。


富士山と聖徳太子

文字として残る文学的な見地から富士登山の歴史を見てみましょう。



藤原兼輔が書いた「聖徳太子伝暦」(917年)では、聖徳太子が甲斐の国から献上された馬に乗り、雲に乗って富士山を駆け登ったという内容が記されています。この伝説がもとになり、富士山頂の山のひとつが駒ヶ岳と呼ばれるようになったそうです。江戸時代には馬に乗った聖徳太子の銅像が奉納されていました。現在は富士吉田市の如来寺に祀られています。



飛鳥時代に、しかも有名人である聖徳太子が馬に乗って富士山へ。あくまでも伝承の世界ですが、何だかロマンを感じる伝説ではないでしょうか。


46b1c139 2dae 438b a771 87927814b7d3

信仰の山

奈良時代の「万葉集」では、人々は富士山を歌で詠んでいます。とても有名なものには、山部赤人の「田子の浦ゆうち出でて見れば真白にそ不尽の高嶺に雪は降りける」があります。この時代には富士は不尽神と呼ばれ、信仰の対象となっていました。



平安時代になると修験道が成立し、道者たちが富士山を修行の場として活動を始めます。末代上人が1149年に富士山頂に大日寺を建て、これによって「富士山信仰」がはじまりました。末代上人は別名、富士上人とも呼ばれ、富士山に数百回登ったと言い伝えられています。


8d2afbe9 eb0c 4e58 8c2c a26f83a636fb

江戸時代に栄えた富士講

江戸時代になると、江戸の庶民を中心に「富士講」が栄えました。「富士講」は富士山に登ることを最上の目標とした宗教の団体です。
富士講は江戸時代中期から後期に隆盛を極め、富士山は大賑わいでした。現在の富士山駅の東側にある金鳥居から富士山側に少し歩いた辺りは、かつて「御師(おし)」の町と言われていました。
御師は浅間神社の神職を務めながら富士山に登る道者の案内や宿泊の世話をし、御師の家は宿坊となっていました。
道者たちは白い行衣に身をつつみ、北口本宮冨士浅間神社から吉田口登山道で山頂を目指していました。


A255e2b0 b15d 4a98 801a ec43bf3e21b0

富士講では、富士山の五合目より上を焼山と呼び聖域としていました。五合目周辺を結んだ線が「お中道」で、神と人間の境となっていました。


パワースポットを訪ねて

今、富士登山はブームのひとつになりました。
最近ではパワースポットという言葉で言い表されていますが、富士山が持つエネルギーを体感できる富士登山を、イベントとして楽しむ人が増えています。その人気は国内だけでなく、世界各国から登山者が押し寄せるほどにもなりました。夏の2ヶ月間だけで、約30万人もの人が富士山に登っているのです。間違いなく富士山には、地球のエネルギーがあふれています。ぜひともこの夏には、富士山のエネルギーを全身で味わってみましょう。


9e0f536f 0752 4013 8105 a10168ae8d31

この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

春の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Search

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
富士山の魅力の他の記事をみる