吉田ルート

吉田ルート|一番人気の登山道

1653 view
8097e450 b2d8 470c 8a0a 2850b75d067a
富士山頂までの4つの登山道の中で、一番人気のある吉田ルートをご紹介。コースのポイントや登り方の説明まできちんと記載しています。初めて富士山に挑戦するビギナーにもおすすめのルートです。

吉田ルート

富士スバルライン五合目を拠点にした「吉田ルート」には、毎年多くの観光客と登山者が訪れます。
山小屋の数がもっとも多く、途中2ヶ所に救護所があり、登山未経験の人や初めて富士山に挑戦する人におすすめのルートです。
登山者が多いので道迷いの心配は少ないのですが、その分混雑は避けられません。
山頂でご来光を見るための登山者が列をなし、夜明け前の時間帯に渋滞が始まります。登りと下りでそれぞれ別の専用道を利用します。


3bdf5a42 1984 4fdf b042 b00ad8c1ae58

標準コースタイムと距離と時間

標準コースタイム|距離|時間
登り|7.5km|約6時間
下り|7.6km|約3時間


五合目と山頂の標高

五合目標高|2305m(富士スバルライン五合目)
山頂標高|3720m(久須志神社(くすしじんじゃ))


コースのポイント

■山小屋、休憩場所がもっとも充実している
■救護所があるので万が一のときに安心
■登りと下りで専用道がある
■首都圏からのアクセスが便利


富士スバルライン五合目(吉田ルート)までのアクセス

吉田ルートの登り方

五合目から六合目
F950772c 8882 4dd9 b702 5e37a6fa0872

広場奥にある登山口から幅の広い登山道をなだらかに登っていきます。
道がやや下り気味になったところが泉ヶ滝で、分岐になります。
右の登山道を進み、樹林を抜けると富士山安全指導センターがある六合目に到着。


六合目から七合目

砂の斜面を大きくジグザグに登ります。
ここから先は日除けがないので、日中の日差しが強いときは帽子をかぶるなどの対策をしましょう。
山小屋があるところが七合目。それまでは単調な登りが続きますが、一定のペースで歩きましょう。


七合目から八合目

最初の山小屋が花小屋。ここから七合目になります。
足元は急な岩場になり、10分ごとに山小屋が現れます。
山小屋がたくさんあるのでついつい休みたくなりますが、長時間休憩を取りすぎるのは疲れやすくなって逆効果。ゆっくり進みましょう。


F1b23311 6628 4dd2 97ca 0cd2b82456ba

この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

春の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Search

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
吉田ルートの他の記事をみる