登山ルート

どのルートから富士山登る?|富士登山ルート・お鉢めぐり・ハイキングコース

2193 view
Fc967c7e 32ea 4578 9526 697991e64d5b
富士登山にはどんなルートがあり、どこから登ればいいのか。富士登山に初挑戦の人でも分かりやすく、富士山頂までの4つのルート(吉田ルート・須走ルート・御殿場ルート・富士宮ルート)をご紹介します。また、山頂のお鉢(噴火口)に沿って一周するお鉢めぐりコースや、富士山中腹でのハイキングコースの情報もこちらでチェック。

日本一の山・富士山。



初めて富士登山に挑戦する人も、山頂からの景色に魅了されたリピーターも、まずはしっかりと各ルート・コースの情報を確認して、今回はどのコースを登るか計画をたてましょう。


富士山頂を目指す4つの登山ルート

富士山頂を目指す登山道には、主に4つのルートがあります。



一番北側が「吉田ルート」、そこから時計回りに「須走ルート」「御殿場ルート」、一番南が「富士宮ルート」になっています。
この4つのルートは全て富士山の東側に集中していますが、登山口までの交通・アクセスはそれぞれ異なります。
開山日も山梨県側と静岡県側で違うことがあり、事前の確認が必要です。(各県のホームページに記載されています)



また、登山口から山頂までの距離や標高差、山小屋の数などにも違いがあり、コースによっては経験者向き、初心者向きと区別されています。
まずは、それぞれのコースの特長をつかみ、自分と仲間の体力や経験に応じてどのルートを登るのがいいのかを検討してみましょう。



4つのルートはそれぞれ道標の色が分けられています。ルート図もおおむねコースごとに色が決まっています。
吉田ルートが黄色、須走ルートが赤色、御殿場ルートが緑色、富士宮ルートが青色です。
予定していたルートと間違って下山してしまわないように、下山時に必ず確認しましょう。


479be49f d468 409b 894c 0525cf4a7e4b

吉田ルート

4つのルートの中でもっとも人気がある「吉田ルート」。毎年一番多くの登山者が登っています。
初めて富士山に挑戦する人におすすめです。
道標の色は黄色。
MAPやコースのポイント・登り方などの詳細は「吉田ルート」のページへ。


須走ルート

高山植物や樹木など自然豊かな「須走ルート」。途中で吉田ルートに合流します。
道標の色は赤。
MAPやコースのポイント・登り方などの詳細は「須走ルート」のページへ。


御殿場ルート

標高差、距離ともに経験者向きの「御殿場ルート」静かな富士登山が味わえます。
道標の色は緑。
MAPやコースのポイント・登り方などの詳細は「御殿場ルート」のページへ。


富士宮ルート

山頂までの距離が最も短い「富士宮ルート」。登り・下りが同じ登山道です。
道標の色は緑。
MAPやコースのポイント・登り方などの詳細は「富士宮ルート」のページへ。


山頂の噴火口を一周する「お鉢めぐり」

山頂に着くまでだけではなく、山頂から噴火口をぐるりと一周するコースもあります。信仰遺跡群をめぐる「お鉢めぐり」です。
MAPやコースのポイント・歩き方の詳細は「お鉢めぐり」のページへ。


34c8d449 4881 45e6 b751 e985604bc75c

御殿場下山口付近から見た火口(お釜)

富士山中腹ハイキングコース

富士山の楽しみ方は、頂上に立つことだけではありません。
豊かな自然が残る富士山の中腹をハイキングしてみませんか。
紹介しているコースは誰でも気軽に楽しめる散策コースから、富士講が栄えていたころの古のルートなど。
体力や装備に応じて選んでみましょう。


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

春の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Search

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
登山ルートの他の記事をみる