グッズ

秋のキャンプに必要な持ち物 | 快適に楽しむ為の道具をご紹介

844 view
3ac0723c 742b 4a98 adcf 52dbb82e7c32
秋といえばキャンプ!ですが、キャンプは季節によってその用意すべき服装や持ち物は変わる場合があります。今回は紅葉が綺麗に色づく、10月〜12月の秋のキャンプにおすすめの道具、備品、服装などを網羅的にご紹介します。

秋は年間を通して人気のキャンプシーズン

C384f6cf bfd5 4640 965b b95fdcc9a237

夏のキャンプを楽しんだ後の10~11月も人気の高いキャンプシーズンです。静かになったキャンプサイトで焚き火を囲み紅葉を愛でるのは秋のキャンプの醍醐味です。しかし、10月といえども朝晩は急激に冷え込み、朝起きると氷が張っているところもあります。暖かい服装や断熱マットなどの準備もして、秋のキャンプをお楽しみください。


キャンプの三大用具を確認しましょう

三大用具1:テント
212ea896 f687 4dfe 9517 7423a97780d4

キャンプをするには、まず寝床とダイニングとなる居住スペースを整えることから始まります。テントは野外で寝泊まりする際に風雨から守ってくれる家の役目を果たします。


三大用具2:チェア
87944320 1109 4d0a 906c 2d1483b6f072

アウトドアチェアは、キャンプで過ごす際に快適さを左右する重要な要素です。軽量なもの、ユニークな形や特徴を兼ね備えたもの、さらにはコスパの高いものまで様々ですが、椅子に座れば家族連れでしたらお子さんが遊んでるのを眺めたり、夜に椅子に座りながら星空を見上げたり。のんびりできるチェアは必要です。


三大用具3:寝袋
0c153dc9 9336 486b 82b2 31f233e5b5f9

当然ですが、寝る際は寝袋(シュラフ)を利用します。
秋用の寝袋を買う場合は「3シーズン用(春・夏・秋)」と言われるものを購入しましょう。目安としては、「最低使用温度」がマイナス10℃程で設定されているものが3シーズン用のシュラフとされています。しかし、10月末〜11月などのキャンプではさらに気温が下がってくるので、この時期からは冬用の寝袋を検討するのも有りです。それか、夏用の寝袋を3シーズン用の中に潜り込ませる方法も有ります。また、シュラフも大事ですが、寝袋の下に敷くテントマットも忘れずに。


秋のキャンプで気を付けること

朝晩の寒さ

秋のキャンプは寒さ対策が大切です。防寒着はもちろん毛糸の帽子、手袋も大切になってきます。周囲に気をつけながら焚き火で暖を取ったり、温かい料理をつくるのも秋のキャンプの醍醐味です。


当日のキャンプの天候状況

一年を通して、キャンプへ向かう際は天気のチェックは欠かさず行いましょう。秋は気温も低くなる中、雨など降ると、小雨程度の天候でもさらに寒く冷え込みます。アウトドアを満喫するには、天候のチェックは欠かせません。


火の管理にはくれぐれも注意!

秋キャンプで焚き火でする、火を使って調理を行う際は注意が必要。化学繊維のウェアやチェアは、飛んでくる火の粉で簡単に穴があく事もあります。火の粉対策にはコットン素材のブランケットを羽織る、チェアに掛けるなどして、対策をしておきましょう。


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

秋の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
グッズの他の記事をみる