キャンプ

女子キャンパー注目!人気ブランドのウェアで春キャンプへ!

277 view
B69cd44b ef6a 4781 98c0 7d1b72687bb3
キャンプシーズン到来!春のキャンプでもおしゃれを楽しみたい女性の方に、安全・快適にキャンプを過ごせるよう春のキャンプウェアの着こなしのポイントと、お勧めのブランドをご紹介します。
Bf950ea7 a621 4c4b adc4 1db0960eb903

服装で気をつけておきたいポイント

穏やかな日差しに包まれる季節がもうすぐやってきます。今年はどこへ行く?何をする?!とワクワクでいっぱいの季節です。



春キャンプには夏キャンプとは違った楽しみがあります。夏には普段キャンプをする人もしない人も大勢キャンプ場に集まってきます。一方、春キャンプは本当にキャンプが好きな人が集まります。人が少ないので春の訪れを目一杯満喫できます。



まずは服装で気をつけておきたいポイントについてまとめてみました。


D0aadb3e 26d8 4ab2 b91e 279c324902b3

防寒対策は万全に!

春になると、時には日差しが暑いくらいに感じて半袖になってしまう日もありますよね。そんな春うららかな日であっても、日陰に長いこといただけで体が冷えてしまいます。朝夕の冷え込みは本当に厳しいものがあります。キャンプ場のある山間部ですとなお一層のこと、冷え込みは厳しくなります。春キャンプに行くのであれば、服装の準備は万全に整えておきたいものです。着脱のしやすい服装でこまめに調節しましょう。重ね着しても動きにくくならないよう、1枚1枚は薄手でしっかりと保温性のあるものを選びましょう。


59af8930 22a9 49a5 a4f2 6533a258c31b

虫除け対策も行いましょう

夏に比べたら、虫に悩まされることが少ない点から言っても春キャンプはお勧めです。とはいえ、啓蟄(けいちつ)という言葉が示すとおり、土の中で眠っていた虫も穴から出てきて活動をはじめる時期です。ちなみに2019年の啓蟄は3月6日です。春キャンプといえど、いざとなったら虫対策ができるよう、虫よけの薬と虫刺されの薬は最低限忘れずにパッキングしましょう。



虫が出やすそうな場所は避けてキャンプサイトを決めましょう。春キャンプに限りませんが、以下のような場所は避けるようにしています。



・風通しの悪いところ
・水辺の近く(特に沼があるようなところ)
・ジメジメしたところ
・比較的背の高い草が生えているところ(一見天然のベッドのようでよさそうですが、実はいろいろな虫がいることが多いです)



万が一虫が多そうなサイトを指定されてしまったら代えてもらえないか聞いてみましょう。幸い、春キャンプの場合は夏と違ってキャンプ場は比較的空いています。キャンプサイトを選ぶ余裕のあるところも多いと思います。これも春キャンプの利点のひとつと言えますね。


【PARA KITO 虫よけリストバンド】
●長さ:260mm
●幅:30mm
●厚さ:4mm
●装着した時の長さ:最大215mm、最短175mm
●重さ:10g



日中、夜間、気候、天候を問わずお使いいただけます。天然エッセンシャルオイル配合―ディートを使用していません。リフィル・ペレット一個につき15日間虫よけ効果が持続します。


【OUTDOOR UV 日焼け止め】
●重量:10g
●SPF50+
●PA+++



登山やアウトドア、お出かけに手軽に持ち歩ける日焼け止めです。スティックタイプのため液漏れもせず、手を汚さずに気になる個所に塗ることができます。また、ユーカリ、ハッカ油配合で虫を寄せ付けにくく、虫除け効果もあります。


【PERFECT POTION アウトドアボディスプレー エクストラ / ハッカ】
●内容量:125ml
●原産国:オーストラリア
●保存方法:直射日光、高温多湿を避けて冷暗所で保存してください。



一度つけるだけで長い時間十分な効果が得られるようになったアウトドアボディスプレー。
わずらわしいこまめな付け直しをしなくてもいい分、屋外での活動を思い切り楽しむことができます。ディート不使用、100%天然成分、生後6ヶ月の赤ちゃんから使用できます。


8291e090 e758 4acb 8168 1b41676209ee

雨具・レインウェアも準備しましょう

上質なレインウェアがあれば、億劫に感じてしまいがちな雨のキャンプも新たな遊びの場になります。自然は普段見せない表情を見せてくれ、活動範囲が広がります。雨が降ったらお気に入りのレインウェアをサッと取り出して恵みの雨を楽しんじゃいましょう。



また上質なレインウェアは優秀な防寒着にもなります。薄手でも1枚プラスしただけでかなりの暖かさを感じるはず。一方、廉価なものですと透湿性がないため、蒸れてしまいがちです。



レインウェアはオールシーズン必要となるものです。もしまだレインウェアをお持ちでない方は誕生日など何かの折にご自分へのご褒美として上質なものをひとつ手に入れてはいかがでしょうか。


【PUROMONTE ゴアテックスレインスーツ ウイメンズ】
●素材:
 ・50Dナイロンリップストップ
 ・GORE-TEX PRODUCTS 3レイヤー
●重量:615g(Lサイズ)
●原産国:日本



防水耐久性と透湿性、防風性において、現存する素材では最高水準と定評のあるGORE-TEXを使用しています。


【マムート GORE-TEX CLIMATE レインスーツ】
●重量:約480g
●素材
 ・GORE-TEX_ 2.5 Layer 50DEN x 50DEN
 ・Face material::100% Polyester
 ・Membrane:100% Polytetrafluorethylene



高い防水・透湿性を備えたゴアテックスの2.5レイヤーを使用したレインウェアです。


キャンプで避けるべき服装・アイテム

この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

秋の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Populars

キャンプの人気記事

キャンプの人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
キャンプの他の記事をみる