キャンプ

女子キャンパー注目!人気ブランドのウェアで春キャンプへ!

3496 view

暖かくなったからといって丈の短いパンツを履きたくなりますが、お勧めしません。肌を露出した部分から冷えてしまいますし、虫に刺されることもあります。体を覆えるものを用意しましょう。



また踵を覆った靴を履いていくことをお勧めします。サボタイプのものですと踵から冷えがきます。地面からの冷えは侮れませんよ。



日中暖かいからと言って日中だけの服装準備しかしないのはもってのほかです。春キャンプには寒暖差があるということを理解して、重ね着ができるよう多めに服を用意しましょう。洋服のほかにブランケットや厚手のマットなどもできるだけ用意しましょう。


6fb5f81b b848 428e b163 5bc540c30bb3

春のキャンプの基本的な服装

キャンプやハイキング、登山などのアウトドアの服装は、レイヤード(重ね着)が基本です。ベースレイヤー(アンダーウェア・肌着)・ミドルレイヤー(中間着)・シェルレイヤー(アウター)の3つを用意しましょう。重ね着しすぎて動きづらくならないように一枚一枚はなるべく薄手でしっかり保温性のあるものを選びましょう。アンダーウェア(肌着)の上に保温性のある服を重ね着していきます。風通しがよく、保温性もあるフリースは自然に体温調節のできる優れものなので必須アイテムですね。春キャンプは夜になると非常に冷え込むため、アウターは必ず持って行きましょう。冬用のダウンジャケットでちょうどいいとお考えください。その他のアウターを持っている方はインナーダウンがあると万全ですね。


①アンダーウエアにもこだわってみましょう

直接肌に触れるアンダーウェア(肌着)は保温性があり、速乾性のあるものを選びましょう。これらはアウトドアメーカーや登山用品店で販売されています。汗をかいてもすぐに乾く素材であれば、体温を奪われてしまうこともありません。


②ミドルレイヤー(中間着)でオススメのものは?

アンダーウェアの次に着用するミドルレイヤー(中間着)ですが、春のキャンプや日帰りで大雨の心配がない場合のハイキング、クライミングやクロスカントリースキーなどの活動をする時には、ソフトシェルをお勧めします。ソフトシェルとは防風性、防水性、透湿性のある薄手のジャケットのことです。しかし、ソフトシェルの防風性、防水性、透湿性はハードシェルに比べると劣ります。その代わりにストレッチ性があり、動きやすいというのが最大の特徴です。



ソフトシェルはオールシーズン使えます。インナーとして着ることも可能なので、一枚あると重宝できるアイテムです。


③シェルレイヤー(アウター)でオススメのものは?

シェルレイヤーは、アウターとも呼び、文字通り身体全体を覆う「殻」のように、雨・風・雪などあらゆる天候による外部変化から身を守る衣服を指します。天候が変わりやすく、冬の寒さも残る春のキャンプでは、ハードシェルを用意することをお勧めします。ハードシェルとは、ゴアテックスで出来た完全防水透湿性素材で出来ているもののことです。例えば急に大雨に見舞われてしまい、急遽テントの外に出て作業する必要が出てしまったというような場合、ハードシェルがあれば安心ですね。夏キャンプであれば多少濡れても体の冷えはなんとかなるかもしれませんが、春キャンプではそうはいきません。雨合羽を羽織るだけでは体温を奪われ、体調を崩しかねません。そんなときこそ防風性もあるハードシェルを着てしっかりと作業にとりかかりましょう。


キャンプウェアで人気のブランドは?

名前は聞いたことがあるけど、ブランドがたくさんありすぎてどれがいいのかわからない・・・。そんなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。それぞれのブランドにはいろいろなストーリーがあります。そんなストーリーを知った上でいいなと思ったブランドのものを身に着けてみましょう。欲しいウェアの見た目が気に入ったかどうかはもちろんですが、ブランドのストーリーを知った上で購入すればより愛着が湧きます。そして使ってみると違いや良さが実感できるはずです。


モンベル

1975年設立の国内最大手のアウトドアメーカー。“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”をコンセプトに商品開発を行っています。国内メーカーなので海外メーカーに比べて低価格な商品が多い、サイズが日本人にあっている、店舗が日本全国にあり、実際に商品を試せたり、修理を依頼できるなどのメリットがあります。機能性とコストパフォーマンスについてはこれまで多くの人の信頼を勝ち得ています。モンベルクラブ(年会費1500円)に入るといろんな情報が入ります。各種イベントも行っており、活動の幅も広がりますよ。
また、モンベルのレインウェアを代表するジャケット「ストームクルーザー ジャケット」は、透湿性・軽量性に優れた人気のジャケットです。


【mont-bell ストームクルーザー ジャケット】
●平均重量:230g
●素材:ゴアテックス®ファブリクス3レイヤー[表:20デニール・バリスティック® ナイロン・リップストップ]
●収納サイズ:7×7×14cm
●特長:ジッパー付きポケット2個(ハンド2)/ネームタグ付き/スタッフバッグ付き



モンベルを代表するレインウエア「ストームクルーザー®」は、縫製箇所を減らすなどの大幅な軽量化と同時に、GORE®C-ニット™バッカーテクノロジーを採用することで、これまでにない柔らかな着心地を実現しました。


パタゴニア

パタゴニアは1957年創立のアメリカのアウトドアウェアブランド。トップアスリートの意見を参考にウェアが作られています。Worn Wear(新品よりもずっといい)を合言葉に修理可能な高品質の製品を作っています。通常のメーカーは製品を大量に買ってもらうことを推進しますが、パタゴニアは環境に配慮し、いいものを長く来てもらおうと修理を進めています。トランプ政権が法人税減税を決めた昨年、予定よりも減った税額1000万ドルを惑星に還元するとして、環境団体に寄付しています。気になるパタゴニアの動向は公式ブログ、クリーネストラインで読むことができます。
また、パダゴニアのハードシェルのアウター「トレントシェル ジャケット」は、防水性と透湿性を備えており、急な天候の変化に対応できるジャケットとして人気です。


【patagonia トレントシェル ジャケット】
●素材:
 ・H2Noパフォーマンス・スタンダード・シェル
 ・防水性/透湿性バリヤーを施した、2.5層構造の2.9オンス・50デニール・リップストップ・リサイクル・ナイロン100%。
 ・DWR(耐久性撥水)加工済み
 ・ブルーサインの認証済み



H2Noパフォーマンス・スタンダード採用の、2.5層構造の防水性/透湿性を備えたシェルです。リサイクル・ナイロン100%を使用しております。


コロンビア

アメリカオレゴン州で1938年創業の老舗アウトドアブランド。機能性や耐久性が高いのはもちろん、スタイリッシュなデザイン、豊富なカラーバリエーションが特徴です。タウンユースしている人も多いですから目にすることも多いのではないでしょうか。登山やキャンプに活躍する頑丈なアウター、動きやすいストレッチ性の高いパンツをはじめ、防水透湿機能搭載のレインウェアから冬のダウンジャケット、フリース、パーカーまでラインナップは豊富です。ウェブページでSALEを行っていることもあるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。アウトドアのほかにスキー、スノーボード、トレイル・ハイク、フィッシング、トレイルランニング用のラインナップもあります。
また、コロンビアの「アーチャーリッジジャケット」は、中綿が入った暖かいジャケットで、普段着からキャンプの防寒着まで幅広いシーンで活躍でき人気です。夜が冷え込む春のキャンプでは、一枚あると便利です。


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

秋の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Live Camera

Populars

キャンプの人気記事

キャンプの人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
キャンプの他の記事をみる