河口湖の観光スポット

クルマ好きなら一度は訪れたい!毎年8月限定公開の「河口湖自動車博物館」

2244 view
9bbc896d 1496 4093 a6a2 b542575061d6
河口湖周辺の観光スポットのひとつである「河口湖自動車博物館」。ベンツ第1号車などのクラシックカーから近代のスーパーカーまで様々な車が展示されており、自動車が歩んできた100年以上の歴史が感じられます。また隣の飛行舘では、零戦をはじめとする戦闘機などを見ることができます。公開期間は毎年8月1日~8月31日の期間限定ですが、クルマや航空機に興味がある方は河口湖観光のついでに是非訪れてみてください!

「河口湖自動車博物館・飛行舘」とは

F25bb9c3 7cca 4e96 88da c54e28e8ef8b

河口湖I.Cから車で15分の距離にある「河口湖自動車博物館・飛行舘」。
年に一度8月にだけ一般に開放される博物館です。



隣の飛行舘には、戦時中に使われていた戦闘機を、実際の機体の一部を使用して復元したものが展示されています。



自動車館や航空舘に展示されているものは、すべて個人のコレクションというのですからビックリですよね。



入館料は各館ごとに発生するシステムで、自動車館・飛行舘共に大人1,000 円/ 子供(15歳以下)500円です。


・カメラは基本持ち込みNGですが、携帯電話に限り記念撮影が出来ます。
・商用目的の撮影は必ずお申し出ください。【携帯電話以外は撮影出来ません】
・カメラ、ビデオカメラ、iPADなどの機器や、三脚などは持ち込み出来ません。


自動車博物館

D35c045e bb98 4beb 9186 fd0fbce7e8c1

自動車の100年余りの歴史をテーマにして、自動車の歴史に於いて重要な役割を果たした様々な車が70台あまり展示されています。



普段あまり目にしない車ばかりで、クルマが好きな方はもちろん、そうでない方も楽しめます。



ホールAは1886年から1950年代までの車となっており、世界で初めて作られた自動車であるベンツ第一号機から、第二次世界大戦中に使われた米軍のジープ、フォルクスワーゲンなどが展示されています。



ホールBは1950年代以降の車で、フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーをはじめとする近代の車が揃っています。


飛行舘・屋外展示

975b7bcb 8211 492d 86ba 449cb418f093

飛行舘

零式艦上戦闘機「21型」・「52型」や、復元中の 隼「1型」、山本五十六元帥が最期に搭乗したものと同型の「一式陸上攻撃機」などの戦闘機が展示されています。



どれも回収した機体とパーツを使用して復元させた貴重な機体ばかりです。
また、国内で唯一現存するハヤブサの復元過程を毎年見ることができます。



その他にもライト兄弟の「ライトフライヤー」のレプリカ、軽飛行機などが展示されています。


屋外展示

屋外には、航空自衛隊のF104戦闘機や、大型輸送機のC46カーチスなどの軍用機を展示。
その他、モーターボート、蒸気機関車、消防車などもあります。


交通アクセス・開催期間

E8d01ca6 a663 495c bd0e 5f7699ad0a66

100台利用可能な無料の駐車場があるので(大型バス駐車可能)、来館の際は、車での利用が便利です。
公共交通機関利用の方は、河口湖駅からタクシーで約15分です。


河口湖 自動車博物館・飛行舘】
<住所>
山梨県南都留郡鳴沢村富士桜高原内



<電話番号>
0555-86-3511



<交通アクセス>
河口湖I.C、富士吉田I.Cより車で約10分
富士急行線河口湖駅からタクシーで約15分



<開館時間>
10:00~16:00



<開催期間>
8月1日~8月31日


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

冬の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Live Camera

Weathers

河口湖エリアの天気

02/23
100
晴れ
9℃ / -2℃
降水確率 10%

Populars

河口湖の人気記事

河口湖の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
河口湖の他の記事をみる
観光スポットの他の記事をみる