富士登山の準備

富士登山の前に準備しておくべき服装・装備・持ち物を解説

45675 view

手持ちの服やグッズを活用しよう!

富士登山って意外とお金がかかる!?」と驚く人も多いことでしょう。すべてを一度に揃えようとすると、けっこうな予算が必要です。手持ちのものでOKなもの、NGなものを確認し新たに購入するご参考に。


富士登山で使ってもOKなもの
4c5d191e 69a0 4ef9 81a7 814b3a0f8868

■防寒具 
家にあるダウン・セーターやフリースで十分です。冬物衣類から探してみましょう。



■靴下 
スキー用のソックスが押入れに眠っていたりしませんか?厚みのあるソックスを用意しましょう。



■ズボン 
トレッキングパンツの代わりに、ジャージでOK。ただし、ジーパンは水に濡れると重たくなりごわごわして歩きにくくNGです。



■リュック 
荷物が入る大きさのものならば、新調しなくても可。できれば雨に濡れても大丈夫なザックカバーを携行することをおすすめします。



■ヘッドランプ 
すごく大きな非常用懐中電灯でなければ、マグライトなどでもOKです。ホームセンターで防災用のヘッドランプが割安で売っています。


富士登山で使うとNGなもの
907842f3 2f8e 4641 ae2e 8f333fd0d354

■スニーカー 
ソールが薄いので足への負担が大きくなります。またソールの溝が浅くて滑りやすいのでNGです。



■サンダル 
これはもちろんNGです。歩きにくいうえに、足をむき出しでは怪我をしてしまいます。



■ジーンズ 
ジーンズは厚手の綿素材でできており、濡れてしまうとなかなか乾きません。またごわごわして歩きにくくなるのでNGです。



■傘 
富士山では簡単に吹き飛ばされ、役に立ちません。ほかの登山者に迷惑にもなるので、雨具を用意しましょう。



■携帯ポンチョ 
使い捨てのビニールポンチョでは、雨風を防ぐことがほとんど出来ません。3000mの稜線では濡れると危険です。


レンタルもあります

富士登山にはチャレンジしたいけど、たぶん登山はやらないだろうな‥、そんな方のために、富士登山専用のレンタル制度もあります。靴、雨具、ザックなど、本格的な装備をレンタルして、下山後に返却するだけ。手軽さが人気です。


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Live Camera

Populars

富士登山の準備の人気記事

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
富士登山の準備の他の記事をみる