富士登山

山中湖ギャラリー代表・冨塚晴夫氏にインタビュー!富士山写真の魅力とは

27 view
De2e40fd 0859 4b5d bb81 273fc1b8080f
日本のシンボルとして圧倒的な存在感を放つ富士山。富士山は、ある一定の季節や気候条件が揃うと、より美しく神秘的な姿を現し、人々に感動を与えてくれます。今回は、そんな富士山の幻想的な光景を撮り続けている富士山写真家・冨塚晴夫氏にインタビューを実施。長きにわたって富士山を撮影し続ける冨塚氏だからこそ知る、富士山の神秘について伺ってきました。

特別インタビュー

33143d26 894c 48cb a07b a52960056905

こちらが富士山写真家・山中湖写真ギャラリー代表の冨塚晴夫氏です。
「ゴールなき被写体」を追い続け、富士山写真を撮り続けているといいます。


富士山写真の魅力とはどういったところですか?

3edbc89e 6b34 4e10 94dc a055c0739231

三角形の安定構図である富士山は、山頂が出ていればきれいに撮影することができ、初心者でも取り掛かりやすい被写体です。
しかし、その世界に引き込まれて撮っていくうちに、自分のカラーを出しにくく、表現することが難しいと気付きました。
撮っても撮っても、これで終わりということはなく、まさに“ゴール無き被写体”と言えます。
晴れててもなかなかシャッターを押せないんです。
これだと思える日は数えるほどしかない。たまにしか撮れないから富士山って面白いんです。


冨塚さんの「とっておき富士山」を教えてください。

98a9d5b5 0dbd 4798 a797 450f61840750

温かみのあるギャラリーには、富士山や山中湖の写真が常時約50点飾られています。


住んでいるということもあり、「山中湖から見る富士山」がやはり一番好きです。
ふたつのこぶが見え、男らしい横綱のような姿がとても勇ましく感じます。
富士山って嫌いな人がいないんです。
これってすごいことだと思います。
私はよく写真教室なども行うのですが、撮れるとみなさん必ずニコニコして帰られるんです。
天気が悪く富士山が見えなかった日は、青木ヶ原樹海など富士山が造りだした造形に触れるのもとても興味深いです。
これも『富士山の神秘』と言えるでしょう。


「山中湖写真ギャラリー」のこだわりはどういったところですか?

3ca609b3 8ab0 4c80 8080 1445f395d48e

奥様・裕子さんの作る手作りケーキも好評です。(ケーキとコーヒーのセットは1,000円)


59193d9f 0605 4c20 b5d6 e27f3112ac18

日向ぼっこしている看板猫のメグちゃんです。人懐っこく、会いに来るお客様も多いそうです。


F4bf6ff0 3dab 4161 b965 ea34d6102dd3

ポストカードやカレンダーなど、自宅でも富士山の自然美を楽しめるグッズが販売されています。


三角形の安定構図である富士山は、山頂が出ていればきれいに撮影することができ、初心者でも取り掛かりやすい被写体です。
しかし、その世界に引き込まれて撮っていくうちに、自分のカラーを出しにくく、表現することが難しいと気付きました。撮っても撮っても、これで終わりということはなく、まさに“ゴール無き被写体”と言えます。
晴れててもなかなかシャッターを押せない。これだと思える日は数えるほどしかない。たまにしか撮れないから富士山って面白いんです。


↑こちらのテキストが2番目の見出しのテキストと同じ内容になっています汗
インタビュー記事なので、こちらで勝手に作成することができないため、現状は元リンクに貼られていたテキストの内容そのままにしております。


撮影テクニックはこちらからチェック

この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Populars

富士登山の人気記事

富士登山の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
富士登山の他の記事をみる