富士宮市の自然地形

白糸の滝 | 日本の滝100選の一つにも選ばれた魅力をご紹介

5451 view

白糸ノ滝の水温は、年間を通して約12度と低いのが特徴です。滝の水滴が舞い散り、滝壺一帯は冷たい空気に包まれています。
白糸ノ滝の滝壺周辺を観光する際は、夏であっても防寒対策用に羽織ものを用意しておくとよいでしょう。


②冬場は車にチェーンが必要

冬場の白糸ノ滝は、水が凍ったまま流れる滝を見られる可能性があります。冬に白糸ノ滝を訪れた方々は、その美しい光景に息を飲むことでしょう。
しかし、冬に白糸ノ滝を車で訪れる際は、タイヤにチェーンを巻くか、スタッドレスタイヤを装着する必要があります。冬場の観光は防寒対策とともに、車の安全対策も怠らぬようにしましょう。


③滝壺から流れる水は流れが早い

白糸ノ滝の滝壺は、富士山の雪解け水というだけあって、澄んでいてとても美しいです。とはいえ、毎秒1.5トンもの湧水が流れ出ているので流れが早いのが特徴です。そのため、白糸ノ滝周辺は、川遊びには適していません。
小さな子どもを連れていたり、手で水に触れたりする場合は、水の流れに体ごともっていかれてしまわぬように気をつけてください。水面に指先だけをつけて富士山の雪解け水を楽しみましょう。


白糸ノ滝のイベント情報

白糸ノ滝では、季節に応じてイベントが開催されます。ただでさえ繊細で美しい白糸ノ滝ですが、イベントを楽しみながら観光することで、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。


曽我物語 工藤祐経供養祭・草鹿の巻

白糸ノ滝は、日本三大仇討ちのひとつである曽我物語の舞台となっていて、毎年4月中旬には、「曽我物語 工藤祐経供養祭・草鹿の巻」というイベントが開催されるのです。
源頼朝によって富士の巻狩りが行われたときに工藤祐経の陣屋があった場所は、今は工藤祐経のお墓になっています。その工藤祐経の供養祭が年に一度行われるのです。
そして草鹿式は、 源頼朝が富士の巻狩りを開催した際の出来事が発端と言われています。源頼朝の家来が獲物を射るのに失敗したことが多々あったので、鹿に似せた的を草で作り、家来に獲物を射る稽古をさせたことから始まったのが草鹿式です。
「曽我物語 工藤祐経供養祭・草鹿の巻」は、「狩宿さくらまつり」と日程を合わせて行われ、春の美しい景色の中、狂言や短歌会を楽しむことができます。


過去にはライトアップイベントも行われました

2017年11月18日に市制施行75周年記念事業の一環として、白糸ノ滝をライトアップするイベントが行われました。
残念ながら、今のところ白糸ノ滝をライトアップする予定はないとのこと。ぜひともライトアップされた幻想的な白糸ノ滝を鑑賞してみたいものですね。


白糸ノ滝の詳細情報

【所在地】〒418-0103 静岡県富士宮市上井出・原
【電話】富士宮市観光協会 0544-27-5240
富士宮市観光課 0544-22-1155
富士急静岡バス 0544-26-8151
【営業日】特になし
【定休日】特になし
【営業時間】特になし(駐車場営業時間 8:30~17:00)
【料金】無料
【アクセス】
(車)新富士IC(新東名)か富士IC(東名)をおりて車で30分。駐車場200台(普通車500円・バス1000円・バイク200円)(駐車場営業時間 8:30~17:00)
(バス)JR富士宮駅から富士急静岡バスで約30分(白糸ノ滝行)
「白糸ノ滝観光案内所前」バス停下車徒歩約5分



(2018/06時点の情報です)


まとめ

まるで白糸を垂らしたかのような水の流れは、とても繊細な美しさがあり、私たちを魅了し、癒してくれます。しかし、白糸ノ滝の魅力は美しさだけではありません。曽我兄弟の仇討・源頼朝による富士の巻狩りなどの歴史的背景を感じられることも白糸ノ滝の魅力のひとつです。
そして白糸ノ滝にほど近い音止の滝では、白糸ノ滝とは対照的な勇壮さを感じられるので、ぜひ白糸ノ滝と一緒に観光してみてくださいね。
今度のお休みは、白糸ノ滝のマイナスイオンで、ご家族揃ってリフレッシュするのはいかがでしょうか?


白糸ノ滝周辺で宿泊するなら「富士宮富士急ホテル」

994700e2 4361 4c3f 9456 afc4efe095e6

白糸ノ滝を観光する際は、富士宮駅より徒歩3分と近い、富士宮富士急ホテルに宿泊するのがオススメです。
富士宮富士急ホテルでは自動精算機を導入しているので、ホテル宿泊の際の面倒なチェックイン・チェックアウトの手続きもスムーズに行うことができます。
1階のレストランでは約60種類ものメニューを無料で楽しむことができます。
富士宮やきそば・朝霧牛乳など、富士宮の地元食材を取り入れた朝食が食べられるのは富士宮富士急ホテルならでは。
おいしい朝食をたっぷり食べたら、自動精算機でスムーズにチェックアウトを済ませ、元気に富士宮観光に出かけましょう!


Ffe5dae1 51f4 4a98 8af7 c526fa8c33f6

A7cd99d3 bd4b 4c6e 9cdc 66cb9c9ad5bd

ホテルの内装は、木目を基調とした自然を感じられるデザインです。


Fb4ff23d 68f9 401b b004 cb9b58c7835c

ホテル北面の4階以上の部屋では富士山を一望することができ、宿泊した朝の目覚めから、日本一のパワーをもらえること間違いなしです。


施設情報

【所在地】〒418-0065 静岡県富士宮市中央町15番18号
【電話】0544-23-6666
【営業時間】チェックイン15:00~、チェックアウト~10:00
【料金】1名利用6,500円~8,000円、2名利用7,800円~16,000円
【駐車場】あり。30台まで駐車可能。駐車料金:1泊540円
【アクセス】電車:JR身延線 富士宮駅から徒歩3分
車:新東名高速道路 新富士ICから国道139号線にて約15分



(2018/06時点の情報です)


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Live Camera

Weathers

富士宮市エリアの天気

07/08
302
雨時々止む
26℃ / 23℃
降水確率 80%

Populars

富士宮市の人気記事

富士宮市の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
富士宮市の他の記事をみる
自然地形の他の記事をみる