富士宮市の自然地形

白糸の滝 | 日本の滝100選の一つにも選ばれた魅力をご紹介

952 view
Bcc6cfbe fc75 49a9 9001 8abb7d8f4ed4
白糸の滝についてご紹介!静岡県富士宮市にある、マイナスイオンたっぷりの癒やしスポット白糸ノ滝。今回は、そんな繊細な美しさを持つ白糸ノ滝の魅力から、イベント・アクセス方法・観光する際の注意点までを一挙にご紹介していきます。

白糸ノ滝とは?

静岡県富士宮市にある白糸ノ滝は、その名の通り白い絹糸のように流れる美しい滝として知られています。
天然記念物・国の名勝に指定されているだけでなく、昭和25年10月に観光百選滝の部で一位に輝き、平成2年には日本の滝百選に選定されました。
白糸ノ滝が流れる場所は、幅150mの湾曲した絶壁。この絶壁を流れる水のほとんどが富士山の湧き水なので、富士山を信仰する人々が巡礼・修行を行っていたことでも有名です。


壁面から流れる不思議な滝

滝と言えば、川が崖を流れ落ちるというイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。この白糸ノ滝は、みなさんがイメージする滝とは少し違う特徴をもっているのです。
白糸ノ滝は、岩場の崖から無数の糸を垂らしたように流れ落ちるという特徴があります。なぜ水がそのような流れ落ち方をするのでしょうか?その秘密は、白糸ノ滝の地層部にあります。
白糸ノ滝の地層は、「新富士溶岩層」と「古富士泥流層」のふたつでできていて、このふたつの地層の間から富士山の雪解け水が流れ出るという仕組です。
この不思議な光景は、白糸ノ滝だからこそ見ることができる神秘的な現象といえるでしょう。


ふたつの展望スペース

白糸ノ滝には、ふたつの展望スペースがあります。ひとつ目は駐車場から売店が並んだ通りを進んだ階段の手前の場所。ふたつ目は、駐車場から県道の整備された道路を進んだ滝の右岸上部にあり、晴れの日には滝の後ろに富士山を望むことができるのが特徴です。
白糸ノ滝の滝つぼに行くには100段ほどの階段を下りる必要があるので、車いすやベビーカーをご使用の方は、天望スペースから滝を眺めるのがよいでしょう。
白糸ノ滝は、角度によってさまざまな表情を見せてくれます。ぜひふたつの展望台から、可能であれば滝つぼからも、富士山の雪解け水が流れ出る白糸ノ滝を鑑賞してみてはいかがでしょうか?


白糸ノ滝と対照的な音止の滝

白糸ノ滝のすぐ近くには、音止の滝という勇壮な滝があります。音止の滝は、女性らしい繊細さを感じられる白糸ノ滝とは対照的に、豪快な男性らしさを感じられる滝といえるでしょう。
25mという高さから轟音をとどろかせて流れ落ちる滝は、見るものを圧倒し、強烈なインパクトを与えるのです。
この音止の名の由来は、曽我兄弟の伝説からきているといわれています。曽我祐成(そがすげなり)・時致(ときむね)の兄弟が、どうやって父の仇を工藤祐経(くどうすけつね)に討とうか、という話し合いをしていた際のこと。滝の音でふたりの声がさえぎられてしまい、話し合いはなかなか進みません。そこで曽我兄弟が「轟音をどうにかしてくれ」と神に念じたところ一瞬滝の音が止んだという伝説があり、そこから音止めの滝と名付けられたと言われています。
そんな興味深い伝説がある音止の滝は、白糸ノ滝から徒歩圏内の場所にあるので、ぜひ白糸ノ滝とともに訪れてみてくださいね。


白糸ノ滝まではどうやっていけばいい?

6a1d8a6f 98b5 4a63 be52 2af41641af99

1.電車・バスの場合

JR富士宮駅から、「白糸ノ滝」行きの富士急静岡バスに乗り、約30分。「白糸ノ滝観光案内所前」バス停で下車しましょう。このバス停から白糸ノ滝までは徒歩で5分ほどです。


2.車の場合

新富士IC(新東名)か富士IC(東名)を降りて車で30分ほどです。駐車場200台(普通車500円・バス1000円・バイク200円)(駐車場営業時間 8:30~17:00)
※数か所あります


白糸ノ滝周辺のおすすめ絶品グルメ

4154cd4b 73b5 4937 8c1e 946909fc435d

白糸ノ滝観光の前後に、食事をしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。そこでこちらでは、白糸ノ滝周辺でおいしいグルメが食べられるお店を3つ紹介していきます。


レストランたなか

レストランたなかは、焼肉定食・釜めしなどの和食から、ビーフシチュー・ハヤシライスなどの洋食までを取り揃えています。また、おつまみメニューも豊富なので、ランチだけでなく居酒屋としての利用もオススメ。
白糸ノ滝からほど近いので、白糸ノ滝観光の休憩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。



【所在地】〒418-0103 静岡県富士宮市上井出126
【電話】0544‐54‐0729
【営業日】火(第1と第3除く)水木金土日
【定休日】毎週月曜・第1、第3火曜日
【営業時間】11時~14時半・17時~21時
【料金】300円~
【アクセス】JR富士宮駅から富士急静岡バスに乗り約30分(白糸ノ滝行)
「新田」バス停下車すぐ



(2018/06時点の情報です)


富士宮やきそば学会アンテナショップ

ご当地フード店やお土産屋さんが並ぶ、お宮横丁。ここの一角にあるのが富士宮やきそば学会アンテナショップです。2年連続、B-1グランプリでゴールドグランプリを受賞したこだわりの富士宮焼きそばを食べられるお店として知られています。もちもちの麺と、甘さを控えたソースがベストマッチ。富士宮に来たのならば、ぜひ食べておきたい一品といえるでしょう。



【所在地】〒418-0067 静岡県富士宮市宮町4‐23
【電話】0544‐22‐5341
【営業日】月~日
【定休日】無休
【営業時間】10時半~17時半
【料金】300円~
【アクセス】JR富士宮駅から徒歩8分 周辺に有料駐車場あり



(2018/06時点の情報です)


お好み食堂伊東

お好み食堂伊東も、富士宮やきそばで有名なお店のひとつです。味の濃さをお客さんの好みに合わせて変えてくれるという丁寧な調理スタイルが人気を呼んでいます。
富士宮やきそばの他にも、焼きそば・しぐれ焼き・生モツ炒め・自家製ギョウザなどが人気です。白糸ノ滝からは富士宮駅方面に車で20分ほど。ぜひ、白糸ノ滝観光のあとに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。



【所在地】〒418-0051 静岡県富士宮市淀師468‐2
【電話】0544‐27‐6494
【営業日】水木金土日
【定休日】月・火
【営業時間】10時半~18時半ラストオーダー(日曜・祝日は18時ラストオーダー)
【料金】430円~
【アクセス】JR富士宮駅から富士急静岡バスに乗り約9分(上条行き)。「淀師西」バス停で下車すぐ。
駐車場25台



(2018/06時点の情報です)


白糸ノ滝を観光する際の注意点を紹介

白糸ノ滝を観光するにあたって、気をつけておきたいポイントを3つ紹介していきます。


①夏でも防寒対策をする

白糸ノ滝の水温は、年間を通して約12度と低いのが特徴です。滝の水滴が舞い散り、滝壺一帯は冷たい空気に包まれています。
白糸ノ滝の滝壺周辺を観光する際は、夏であっても防寒対策用に羽織ものを用意しておくとよいでしょう。


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Weathers

富士宮市エリアの天気

09/22
201
くもり時々晴れ
28℃ / 20℃
降水確率 40%

Populars

富士宮市の人気記事

富士宮市の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
富士宮市の他の記事をみる
自然地形の他の記事をみる