持ち物・服装

冬のハイキング | 必要な持ち物一覧

24 view
C0230ef4 425a 4bea b43b 3a8c1520ebe6
冬のハイキングに必要な持ち物、服装をご紹介!冬の季節には、雪景色を鑑賞しに登山・ハイキングに出かけたいという方も多いと思います。その前に、まずはハイキングに行く前の持ち物や服装、基礎知識などを確認しましょう。今回は初心者の方向けに、ハイキングに必要な持ち物をリストアップしてご紹介します。

ハイキングに臨む際に、入念な準備をしましょう

ハイキングは年間を通して楽しめるのが魅力ですが、春夏秋冬の季節ごとに持ち物や服装の準備が必要です。


ハイキングの三大用具をチェックしましょう

自然の中を歩くハイキングは、誰でも気軽に楽しめるスポーツですが、街中のランニングやウォーキングと違い、標高の高い場所や、未舗装路を歩くことが多く、ハイキングに合わせた用具が必要となります。ハイキングの三大用具とは、ハイキングに出発する上で必ず揃えて欲しいアイテムになります。事前にチェックをし、ハイキングを楽しみましょう。


三大用具1:登山靴

靴は、街中で使用するスニーカーではなく、必ず登山靴を選びましょう。自然の中を歩くハイキングは、未舗装路を歩くことが多く、スニーカーでは疲れがたまりやすくなり、怪我をする確率が高くなってしまいます。ハイキングの中で大切なことは、山の中を安全に快適に歩けるようにすることです。登山靴は登山専用店で必ず試着をしてから選びましょう。
※登山靴は、行く場所によってカットの高さ・ソールなどが変わります。事前に登る山を確認した上で登山靴を選びましょう。
※足の疲れを軽減するため、通常よりも生地の厚い登山用靴下も一緒に選ぶことを推奨します。


三大用具2:ザック(リュックサック)

日帰りのハイキングであっても、必ずザック(リュックサック)を選びましょう。両手があいている状態の方が、山を安全に登ることができます。また、ザックは背負いやすく疲れにくいように設計されている、登山用のものをおすすめします。ザックのサイズについては、日帰りの荷物の少ない登山では20リットル前後のザック。それより荷物が増える登山では25~30リットルくらいのものを目安に選びましょう。


三大用具3:雨具

山の天気は変わりやすいため、たとえ天気予報が晴れであっても、必ず雨具は持って行きましょう。登山・ハイキングのレインウェアは、ジャケット・パンツが別れたセパレートタイプのものが適しています。レインコートやポンチョは、風にあおられやすく危険なため選ぶことは避けましょう。また、レインウェアの素材は、防水性と透湿性に優れたゴアテックスをオススメします。


冬の低山歩きで気を付けること

551deac0 3e02 4848 bfdd 08f20cfe4a54

冬のトレッキングは空気が澄んでいることから、標高の低い山でも遠くまで景色が見渡せる、登山客が少なくなる、静かな山歩きが楽しめる、自分のペースで楽しめる、など夏の季節では経験できない魅力があります。



しかし、その分リスクもたくさんあることは周知の事実です。実際に冬のハイキングに行くにあたり、どのようなリスクがあって、どのようなことに注意をするべきかなど、基本を知っておくことは安全に冬のハイキングを楽しむ上で欠かせません。


天気予報を事前に確認

何日も前から天気の確認をし、くわえて直前の予報もしっかり確認し、当日の登山状況を把握します。山は標高が100m上がるにつれ約0.6℃下がるので、平地では晴れていても、山では猛吹雪ということもしばしば。体感温度も風速によっては大きく下がります。万が一のことを踏まえ、登山計画の最終判断をしましょう。


早めに下山をしましょう

夏の日の入りはおよそ19時頃と言われていますが、冬の日の入りは夏より早く、だいたい16時半頃です。また、冬の太陽は夏に比べ低いところを通ることから、14~15時頃には日が傾き始めて、気温も急激に下がっていきます。ヘッドランプも忘れずに持ちましょう。
冬は夏よりも早く行動し、下山なども余裕を持って計画を立てて下さい。


整備された人気のコースを歩く

冬は夏など人気のシーズンと比べると登山客が減るため、ハイキング中殆ど人に会わない、ということもあります。また、落ち葉や積雪などでハイキングの道が判別しづらくなるケースもあるので、地図とコンパスを持って整備された人気のコースを選ぶと安心です。


冬のハイキングの服装について

冬のハイキングでは、ウェアが寒さから身を守る大事な要素となります。歩いているときは汗をかいて暑くなりますが止まると急に冷えてきます。防寒対策をして、快適で楽しいハイキングができるように適切な服装を選び、レイヤリング(重ね着)を考えて選びましょう。


服装は化学繊維のものを選びましょう

ハイキングは長時間歩くスポーツでありその間に多くの汗を流すため、排水性のない綿素材を着用することは、体を汗で冷やしてしまうため絶対に避けましょう。(靴下についても同様です。)肌着は汗冷えをしないよう乾きやすい化学繊維素材のものを用意します。


冬のハイキングの服装・レイヤリング(重ね着)について

登山・ハイキングでは以下の服装を用意しましょう。


トップス

トップスは体温調節が適切に行えるよう、レイヤリング(重ね着)の準備が必要です。
ベースレイヤー(アンダーウェア・肌着)・ミドルレイヤー(中間着)・シェルレイヤー(アウター)の3つを用意しましょう。



ベースレイヤー:
ベースレーヤーは、皮膚に一番近い衣服(アンダーウェア・肌着)のことを指します。
冬のハイキングは、常に気温が低く、日照時間も短くなるため、寒く感じる時間帯が長くなります。そこで、長袖で中厚手のウールや保温性が高い化繊のものをオススメします。



ミドルレイヤー:
ミドルレイヤーは、ベースレイヤーの次に着用するものです。フリースかインナーダウンが定番です。フリースはアウターにもインナーにも用途が広く、軽く、保温力も吸汗拡散性にも優れている登山の服装に最適な素材になります。それ以外の中間着は定番のチェックのシャツがあります。化繊の薄手のものやウールの厚手のものがあり、気軽に扱え温度調節もできるためオススメです。高い防寒性のあるアウターも着用することに備えて、厚い生地素材ではなく薄めのものを選ぶことをオススメします。



シェルレイヤー:
シェルレイヤーは、アウターとも呼び、文字通り身体全体を覆う「殻」のように、雨・風・雪などあらゆる天候による外部変化から身を守る衣服を指します。冬のハイキングには、非常に寒い環境での着用を想定したハードシェルがおすすめです。


ボトムス

ボトムスはロングパンツ(長ズボン)がおすすめです。
パンツの素材も肌着同様、乾きやすい化繊素材を使用したものを選びましょう。
丈夫なオーバーパンツがあったほうが良い場所もあります。


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Populars

持ち物・服装の人気記事

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
持ち物・服装の他の記事をみる