持ち物・服装

冬のキャンプに必要な持ち物 | 快適に楽しむ為の道具をご紹介

7445 view
ニーモ・イクイップメント タニLS 1P
Af6df3a2 2861 45d0 8b7f 0496703d1247

●重量1.09kg
●サイズ(使用時105cm ×202cm 高さ103cm 前室80cm)



ソロキャンパーにおすすめのテントです。広いウォールに入口があるので出入りがしやすい設計で、前室も広めです。吊下げ式なので設営が比較的簡単です。


2. シュラフ

冬用キャンプに適しているシュラフは、身体を包み込んで保温性を発揮するマミー型です。ソロや大人だけのキャンプなら最もオススメのタイプです。小さいお子さんがいるファミリーキャンプなら、親子3~4人で寝られるサイズの封筒型も便利です。


モンベル ダウンハガー800#0
3fcac6ce 2e32 453c b32c 6adf236af0a0

●フィルパワー:800FP
●快適睡眠温度:-10℃
●リミット温度:-18℃



抜群の快適性と軽量性を備え、コンパクト収納も実現した高品質モデルです。国内の3,000m級の冬山で使用できる保温性の高いモデルです。撥水加工を施しているので、保温性を確保しています。


コールマン フリース素材 シュラフ 封筒型
F3b70e07 dfc4 4e20 90ec a9a8d0181c8f

●使用時サイズ:約84×190cm 収納時サイズ:約φ32×42cm
●重量:約2.7kg
●材質:アウター ポリエステル、ライナー フリース、中綿 フリース



秋冬向けのスリーピングバッグで、快適温度0度と5度の2モデルあります。アウターに起毛素材、インナーにフリース素材を使用しており、暖かみや保温性を高めています。また、収納にはワイドな横型EZキャリーケースを使用し、出し入れが簡単にできるようになっています。


3. マット

冬キャンプでは防寒上何らかのキャンプマットは必需品です。おすすめはある程度の厚みがあるエア注入式マットやインフレーターマット、発泡式マットの重ね敷きなどで地面からの冷気を防ぐことです。段ボールを重ね敷きに利用するのも効果的です。


コールマン イージーフォールディングキャンプマット
3b7f46d6 482d 4383 a7ee 40383794dbe3

●重量:1.3kg
●厚み:3.8cm
●サイズ:約183×61cm
●材質:ポリエステル、PUフォーム



インフレーター採用し、栓を開ければ自動膨張します。空気の排出が簡単で、巻かずに折り畳み収納ができ、口でバルブから空気を入れて固さ調節もできます。畳みながら空気を排出。


4. ランタン

寒冷地のキャンプでも安定した光量を発揮するのはガソリンランタンです。LEDランタンはテント内での使用に便利で安全なので、季節を問わず1つは用意しておくと良いでしょう。吊り下げられるファン付きのLEDランタンならテント内の空気を循環し、結露を予防するのにも便利です。


1231dea1 b5e2 4b22 852f bca59365cad6

コールマン ガソリンランタン

●明るさ:約200 CP/ 130 W 相当
●燃料タンク容量:約590cc 、使用燃料:ホワイトガソリン
●燃焼時間:約7.5~15時間
●本体サイズ:約16x31(h)cm
●重量:約1.4kg



取り扱いやメンテナンスが比較的簡単なスタンダードのガソリンランタン。ランタン本体のサイズは160x310mm、重さは1800gです。


コールマン ミレニアLEDサイトランタン
045ce8a2 f6dd 4e42 bf78 0c72467fb58f

●明るさ:約200 CP/ 130 W 相当
●燃料タンク容量:約590cc 、使用燃料:ホワイトガソリン
●燃焼時間:約7.5~15時間
●本体サイズ:約16x31(h)cm
●重量:約1.4kg


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Live Camera

Populars

持ち物・服装の人気記事

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
持ち物・服装の他の記事をみる