富士吉田市の山小屋

富士山 × 山小屋 | 富士登山でおすすめの山小屋を紹介

491 view
6558e05f ec86 4710 8897 460ca2000ee5
富士山の登山者にとって大切な場所である山小屋に対して、衛生面や、食事、評判など気になる方は多いと思います。今回は登山者におすすめの快適で清潔な山小屋と料金や予約方法など詳しくご紹介。

富士登山で山頂を目指すなら山小屋は必須

6d26a2d3 f20c 4739 8dea d9ddfff6d5a6

富士登山における山小屋の存在は、疲れた登山者の体力を癒してくれる、登山者の良きパートナーです。また、他の登山者と交流し、登山に関する天気や状態など、情報収集をできるのも大きなメリットです。頂上を目指す方なら必ず利用する山小屋を、ぜひ活用してください。


山小屋を利用した富士登山のスケジュール

6e78cec4 3d11 45c9 803c bcd7670298b1

富士登山を計画する際には、どのルートから、どれくらいの時間で、どれくらいのペースで登山するかなどある程度の目処をつけて登山に臨むのが一般的だと思いますが、その時にルートや日程の関係で利用する山小屋は異なるかと思います。


山小屋に宿泊するのであれば8合目がおすすめ

基本は1泊2日で予定を組まれるのが一般的かと思います。その際に、どこで一泊するか検討する際は、富士山の御来光を目的に山頂へ目指すなら、八合目の山小屋に宿泊するのをおすすめします。
須走・吉田口ルートでは、翌朝目指す九合目に「胸突き八丁」と呼ばれる急な坂があるので、八合目はしっかり休憩したいポイントです。



但し、八合目は相部屋のみ、個室がない場合もあります。混雑時は七合目のほうが比較的予約も取りやすいようです。夜間登山でも大丈夫という場合には、七合目の山小屋の方が個室の予約なども検討の価値大です。


山小屋の利用で気をつけるべきポイント

516d2cba 3dc6 41ef 8903 a0a5ca40057a

注意点1)富士山の山小屋は基本は予約制

山小屋の営業期間は、富士登山の営業期間に合わせて夏の期間のみです。山開きの期間に合わせて営業されます。さらに、夏場の混雑状況からも、基本的に先に予約してから利用する流れになりますので、事前にルートを決めて、どこの施設に宿泊するか決めて、予約しておきましょう。


注意点2)シャワーが利用できないことがある

山小屋では、シャワーや洗面所などの設備がない場合が多いので、こちらではウェットティッシュなど、気になる方は準備することをおすすめします。シャワーの有無は、予約する際に確認しておくのも良いでしょう。


注意点3)相部屋で仮眠するケースが多い

山小屋は、地上の観光地の宿泊施設とは異なり、設備はシンプルで、個室というよりは相部屋の割合が多いです。睡眠をとるための仮眠するスペース、と想定しておくと良いでしょう。その際、アイマスクや耳栓などを準備してゆっくり仮眠できる体制を整えましょう。


基本は1泊2日で予定を組まれるのが一般的かと思います。その際に、どこで一泊するか検討する際は、富士山の御来光を目的に山頂へ目指すなら、八合目の山小屋に宿泊するのをおすすめします。
須走・吉田口ルートでは、翌朝目指す九合目に「胸突き八丁」と呼ばれる急な坂があるので、八合目はしっかり休憩したいポイントです。



但し、八合目は相部屋のみ、個室がない場合もあります。混雑時は七合目のほうが比較的予約も取りやすいようです。夜間登山でも大丈夫という場合には、七合目の山小屋の方が個室の予約なども検討の価値大です。


五合目にあるおすすめの山小屋

1. 佐藤小屋
8b590446 ad30 4322 a359 56af160d1aad

五合目にある山小屋「佐藤小屋」は、収容人数100人の山小屋です。
冬季は要予約ですが、通年営業となっています。
(宿泊に関しては時期を問わず宿泊日の3日前までの予約が必要です。)



個室は暖房完備で、携帯電話の充電も可能です。また、テント場を借りることもできます。



食堂は9:00から15:00まで利用可能(混雑状況により変更になる場合あり)です。
洋式トイレもあるのが嬉しいですね。


<施設情報>
■営業期間:通年営業([夏期(6月下旬~10月中旬)]以外は要予約)
■料金:8400円、素泊まり6400円
■電話:090-3133-2230
■宿泊収容人数:100名(個室有り)
■消灯:21:00
■登山ルート:吉田ルート
■トイレ:使用料200円(泡洗浄式/洋式)
■その他:更衣室有無料
     お湯販売[持込カップ麺給湯のみ] 100円
     テント場(500円/一泊一人あたり)



【2017/09時点の情報です】


2. 奥庭荘

食事・宿泊・おみやげ品・休憩等に利用できる山小屋です。吉田ルートを進む際に利用できます。荒天や雨天の場合でも、350名という大きな収容人数を誇ります。



秋には富士山の松茸定食や、こけももジュース、きのこ汁、ほうとう、うどんなど、自然溢れるメニューも豊富です。


<施設情報>
■所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町大嵐1510-4
■電話:0555-82-2910
■交通手段:富士五合目へ向かって有料道路を登る
■営業時間:6:30~19:00
■登山ルート:吉田ルート
※季節によって開店時間は異なります



【2017/09時点の情報です】


七合目の山小屋一覧

3. 富士一館
C34e5202 5f2a 4981 a0bd 66bd2c9a4875

富士山河口湖・富士吉田口登山道七合目にある山小屋「富士一館」です。
富士一館から眺める山中湖、河口湖、相模湖や駿河湾、さらに北アルプスや南アルプスなどの山々は絶景です。
富士一館は、混雑しがちな八合目とは少し違い、家族連れや女性にも過ごしやすい場所です。
また、富士一館周辺では数々の草花を楽しむこともできます。



頂上まで、4~5時間という距離に位置する富士一館で、ほっと一息ついて体力を回復し、富士山頂を目指すのも良いでしょう。


<施設情報>
■所在地:〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田6-9-4
■電話:080-1036-6691
■電話受付時間:9:00~19:00
■登山ルート:吉田ルート



【2017/09時点の情報です】


4. 鎌岩館
E3bddd9b 9927 42fb 8229 2ec2203612a5

2016年7月にグランドオープンした山小屋「鎌岩館」は、山梨県側登山道(吉田口・河口湖)の七合目に位置する山小屋です。
テレビや雑誌などでも取り上げらている鎌岩館は、夕朝食時にはジャズ、クラシックピアノが流れ、館内にはリラックス効果のある照明が灯るなど、洗練された雰囲気が漂います。



さらに、2017年には女性用の個室トイレも増築されるなど、女性でも快適に利用しやすくなっています。
そして、必見なのが鎌岩館の公式ホームページです。
鎌岩館の施設情報の他、富士山の登山に必要な装備や一般的なタイムスケジュール、その他の役立つ情報が満載で、充実したガイドブックさながらです。


<施設情報>
■所在地:〒403-0006 山梨県富士吉田市新屋1254-12
■電話:080-1299-0223
■電話受付時間:8:00~19:00
■登山ルート:吉田ルート



【2017/09時点の情報です】


5. 東洋館

洋館は、富士山の海抜約3000m地点に位置している山小屋ですが、登山客の間でも綺麗で利用しやすいということで評判の場所です。東洋館は2007年にリニューアルし、トイレや個室など、利用者に嬉しい快適な空間を提供してくれます。


<施設情報>
■所在地:〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田4-8-8
■電話:0555-22-1040
■営業日:6月30日~9月10日
■料金:
・大部屋(仕切りなし)1泊2食付:8,500円〜
・セパレートタイプ(仕切りあり)1泊2食付:10,000円〜
・小部屋1泊2食付:5名利用/10,500円〜
(詳細はホームページをご覧ください)
■クレジットカード:利用可(Visa / Master / American Express / JCB / Diners / Discover)
■収容人数:320人
■登山ルート:吉田ルート



【2017/09時点の情報です】


八合目の山小屋一覧

6. 御来光館
8591a75d 3d95 4f3f 89d6 c3c9284ffff5

標高3,450mの八合目。
御来光館は富士山頂に一番近い山小屋です。
ここから富士山頂までは約90分という、あと少しの距離。
御来光館でしっかりと体を休めた後に登頂し望むご来光は、まさに絶景です。
また、ご来光だけではなく、夜には満点に広がる星空も眺められます。



「御来光館」という名の通り、もし山頂まで行けなくても、御来光館からご来光を見ることができます。



富士山頂に最も近いというだけあり、十分に注意したいのが高山病です。
八合目の山小屋はどこも混みあいます。
宿泊する際も、五合目で一度ゆっくり体を慣らしてから登ったり、酸素ボンベを持ち歩いたりと、自身でできる対策も万全にして行きましょう。
山頂からの眺めは、かけがえのない思い出になるでしょう。


<施設情報>
■所在地:静岡県駿東郡小山町富士山須走口八合五勺
■電話:0555-73-8815
■営業日:7月1日~9月10日
■料金:
・素泊まり 6,500円
・1泊2食付(夕食・朝食) 8,500円
(詳細はホームページをご覧ください)
■収容人数:140名
■チェックイン/チェックアウト:午後2:00 / 午前8:00
■登山ルート:吉田口登山道・須走口登山道どちらからでも利用可



【2017/09時点の情報です】


7. 太子館

太子舘は吉田口登山道の八合目、五合目から山頂までのちょうど中間にある山小屋です。
夕食には、山小屋の定番メニューであるカレーライスだけではなく、おかずも用意しています。



山小屋によくある不衛生なイメージは、ほとんどなく、トイレや寝床も清潔に保たれています。


<施設情報>
■所在地:〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田7丁目15番8号
■電話: 0555-22-1947
■料金(1泊2食付き):
・日曜~木曜 ¥8,500
・金曜 ¥9,500
・土曜 ¥10,000
■登山ルート:吉田口登山道



【2017/09時点の情報です】


いかがでしたか?今回は登山が初めてで、しっかりと山小屋で休憩して快適に過ごしたい方向けにおすすめの山小屋をご紹介しました。しかし、ここにある山小屋だけでなく。富士山には他にも多くの山小屋がございますので、みなさんのルートや計画、趣向に合わせて、お好きな山小屋をご利用なさってみてください。


この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

冬の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Populars

富士吉田市の人気記事

富士吉田市の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
富士吉田市の他の記事をみる
山小屋の他の記事をみる