富士宮市

大宮・村山口登山道(現富士宮口登山道)〜 富士山世界遺産 構成資産

Image
富士山本宮浅間大社を起点とし、村山浅間神社を経て山頂南側に至る登山道です。富士山では、12世紀前半から中ごろにかけての末代上人の活動をきっかけに登山が開始されたと考えられています。その後、一般人の富士登拝も開始され、その様子は16世紀の作とされる『絹本著色富士曼荼羅図』に描かれています。資産の範囲は現在の富士宮口登山道の六合目以上です。

大宮・村山口登山道と周辺の富士山世界遺産構成資産


より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産を表示

Pickup

このスポットに関連する記事を読んでみませんか?

このスポットに似ているスポット

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Populars

富士宮市の人気記事

富士宮市の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
富士宮市の他の記事をみる
登山ルートの他の記事をみる