御殿場市・小山町

須山口登山道(現御殿場口登山道) 〜 富士山世界遺産 構成資産

Image
須山浅間神社を起点とし、山頂南東部に至る登山道です。その起源は明確ではありませんが、古文書では1486年にその存在が確認できます。宝永(ほうえい)噴火(1707年)では、壊滅的な被害を受け、登山道の全体が復興したのは、1780年のことでした。資産の範囲は、現在の御殿場口登山道となる標高2,050m以上と信仰の対象であった須山御胎内(おたいない)周辺(標高1,435から1,690mまで)です。
410d1996 7737 467f 978c 0e35e641e088

Bb44f326 8a88 4625 8656 cbad62be1a9c


より大きな地図で 富士山 世界文化遺産 構成資産を表示
名称
御殿場口登山道 (ゴテンバグチトザンドウ)
住所
静岡県御殿場市中畑西沢2110-10
営業日
夏場
定休日
不明
営業時間
不明
アクセス
JR御殿場線御殿場駅から登山バスを利用
駐車場
不明
料金
不明
カード利用
不明
座席数
不明

Pickup

このスポットに関連する記事を読んでみませんか?

このスポットに似ているスポット

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Populars

御殿場市・小山町の人気記事

御殿場市・小山町の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
御殿場市・小山町の他の記事をみる
世界遺産の他の記事をみる