西湖の自然地形

家族で楽める涼スポット!富士山の富士河口湖にある天然記念物、青木ヶ原樹海・富岳風穴・鳴沢氷穴の楽しみ方や服装

2840 view
5fde32f6 9352 4b1c 8099 b5f27a06f4ce
富岳風穴・鳴沢氷穴は、青木ヶ原樹海にあります。富士五湖で有名な河口湖に近く、この場所は、年間を通して観光客が多く集う人気の観光地です。神秘的な洞窟の温度は、かなり冷えており、夏の暑さ対策にもピッタリです。長い月日をかけて作られた自然の冷蔵庫ともいえます。今回は、天然記念物でもある、2つの洞窟の楽しみ方や周辺で味わえる名物グルメなどをご紹介します。

年中涼しい「富岳風穴」「鳴沢氷穴」!

23fc4b0c 22f6 4867 be99 178a7660c3e2

Ed079d30 eea3 47f1 8217 145afeb7cc88

はじめに、溶岩流でできた洞穴である「富岳風穴」に行きます。
ここは洞窟内の温度が通年0~3℃、暑い中でハイキングをした体を冷やしてくれます。
ちなみに、氷穴・風穴はガイド無しでも入ることが可能です。バスや車でいらして、駐車場から歩き、風穴へ向かいます。お年寄りや小さな子供でも見学できます。



そんな富岳風穴へ入る前に、1つだけチェックしておきたいものがありました。
風穴の近くにある「森の駅 風穴」で売っている「とうもろこしソフトクリーム」です。
看板に「冷たいコーンスープ味」と書いてあるように、食べてみると確かにコーンスープのように甘くこっくりとした風味です。
でもこの味、どこかで食べたことがあるような気がします……。
看板の下部には、「※ガリ○リ君じゃありません」と小さく注意書きが書かれていました。


961d8dbf 4262 4f9a 9c1c 61ffed17480e

63dbf031 e1aa 4dd7 a27e e3a4055cad16

森の駅から徒歩2分で、風穴にたどり着きます。
木々の間を歩いていく途中には、「ガス孔の跡」や「溶岩棚」がありました。
富岳風穴の入口に到着しました。
なんと海抜1000メートルもあるようです。
上から見えている階段の半分ほどを下りたところで、すでに肌寒くなってきました。
さらに下りていくと、日の光も入らず洞窟らしくなってきました。



風穴に行く予定の方は、服装は夏場では半袖で大丈夫だと思います。靴は念のため、動きやすい靴・スニーカーなどがオススメです。寒さがきになる人は、カーディガンや長袖のシャツなどで対応しましょう。


D4703fe2 6d71 4d39 89b9 8bc51791bc8a

C04c7d4a 7eab 41c2 a4c8 54643fab4101

下りてまず見えてくるのは、天井から染み出した水滴が落ちて凍った氷の柱です。夏でも溶けないとされている氷柱は、毎年、冬から春にかけて形成されるそうです。
つまり、今できているのは昨年のとも一昨年のとも形が異なる、今年だけの氷柱ということになります。
洞窟の壁は、溶岩棚や樹型溶岩、縄状溶岩など、溶岩の固まり方によってさまざま形になっています。


2e68841d 0716 4875 932d a22670e85ccb

溶岩の壁を眺めながら奥に進むと、天然冷蔵庫が出現しました。
これは、繭や種子を保存するために、昭和30年頃まで実際に使われていたのだといいます。
繭が成長しないようにするため、良質の種子を保存して芽吹きを良くするのです。
置いてある缶は、年季が入っていました。


青木ヶ原樹海の入口にある天然記念物

6c1cf260 00de 49cd b312 46b61860b4d5

7aa08055 3725 4928 933b b2aa936475e4

富岳風穴から25分ほど歩くと、「鳴沢氷穴」があります。
富士山の噴火で流れ出た溶岩が冷めて収縮する際に、内部にあったガスが噴出して空洞ができたことで生まれたものです。
今から1000年以上も前のことになります。



そんな鳴沢氷穴の外観は実に素朴な建物で、とても洞窟があるようには見えません。
かつて鳴沢氷穴から切り出された氷は、殿様に献上されたと言い伝えられています。


C5971e96 1dc7 4902 b9ca a2db14eb1f90

鳴沢氷穴は竪穴式洞窟なので、富岳風穴と比べてかなり斜面がきついです。
油断すると転びそうになるので、ゆっくり慎重に下りていきます。
下りると、ブロック状に積み上げた氷の壁がありました。
冷蔵庫がなかった時代に、これが使われていたのだそうです。



こちらの氷穴は、神奈川県にある江ノ島の洞穴までずっと穴が伸びている、という逸話もあるようですが、真相は穴があまりに長く深すぎるので、確かめられないのが現状のようです。
氷の壁に挟まれながら洞窟をぐるっと一周すると、氷の柱がお目見えするポイントもありました。



洞窟内はとにかく傾斜が急で滑りやすいです。
風穴の中では、くぐり抜けるのに苦労するようなせまい箇所もあるので、注意です。
動きやすい服装で探検するのがおすすめです。


富士山周辺のおいしい観光スポットをチェック! 

この記事に似ている記事も読んでみませんか?

この記事に関連のあるスポット情報

Recommended

夏の富士を満喫する!おすすめ特集記事

Populars

西湖の人気記事

西湖の人気スポット

Search

エリアから
スポット・記事・特集を探す

カテゴリから
スポット・記事・特集を探す

Ranking

SNS

page_top
西湖の他の記事をみる
自然地形の他の記事をみる